グラノーラの日(10月2日 記念日)

グラノーラの日本トップシェアブランド「フルグラ®」を国内で展開するカルビー株式会社が制定。

日付は「10」をスプーン(1)とお皿(0)に見立て、グラノーラの主原料であるオーツ麦を「02」と読む語呂合わせから「1002」で10月2日に。お米、パンに続く「第3の朝食」としてグラノーラが日本の食卓に根付くためにその認知度向上が目的。

グラノーラについて

1863年にジェームス・ケイレブ・ジャクソンがサナトリウムの患者のために、グラハム粉(Graham flour)を使ったグラニューラ(Granula)を発明する。グラハム粉の生地を伸ばしてシート状にしたあと焼成、粉砕を2度行い小さな粒状にしたもので、とても固く、食べるまでに水や牛乳に長時間浸す必要があった。

1880年頃、ジョン・ハーヴェイ・ケロッグはジャクソンのグラニューラを名称もそのままに模倣した製品を販売していた。グラハム粉に変わり、燕麦などを使用しローラーでフレーク状により食べやすく独自に改良を加えたことにより、このグラニューラはヒットした。それに続いて多くの類似製品も誕生、ジャクソンはケロッグを訴えたため、ケロッグのグラニューラはグラノーラに改名された。

リンク:カルビー

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「10月の記念日」「今日は何の日

関連記事