国際文通週間(10月6日~12日 記念日)

1957年(昭和32年)、カナダのオタワで開催された第14回万国郵便連合(UPU)大会議で、アメリカの提案により、UPU創設の日である10月9日を含む一週間を「手紙を書く週間」とし、各国がそれぞれの事情に応じて「文通週間」を設けることが決定された。英語表記は「International Letter Writting Week」。

日本では日本郵便友の会協会の主催で各種の行事が行われており、キャンペーンの一環として国際文通週間に因む郵便切手が毎年発行されている。最初の切手は1958年(昭和33年)に発行された歌川広重の東海道五十三次の浮世絵から「京師」が選ばれた。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「10月の記念日」「今日は何の日

関連記事