グリーンリボンDAY(10月16日 記念日)

公益社団法人 日本臓器移植ネットワークが制定。

家族や大切な人と「移植」のこと、「いのち」のことを話し合い、お互いの臓器提供に関する意思を確認しておく日。日付は「臓器移植法」が施行された1997年(平成9年)10月16日に由来する。また、10月は「臓器移植普及推進月間」でもある。名称は世界的な移植医療のシンボルであるグリーンリボンにちなみ、グリーンは成長と新しいいのちを意味し、リボンは臓器提供者(ドナー)と移植が必要な患者(レシピエント)のいのちのつながりを表現している。

リンク:グリーンリボンキャンペーン

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「10月の記念日」「今日は何の日

関連記事