第1回宝くじ発売の日(10月29日 記念日)

1945年(昭和20年)のこの日、日本で初めて臨時資金調達法に基づいて戦災復興の資金調達のために政府第1回「宝くじ」が発売された。

宝くじ

戦後の激しいインフレを抑制するため、余剰通貨の収入を狙ったもので、1枚10円で売り出された。賞金は1等10万円、2等1万円、3等1000円、4等50円、5等20円で、副賞として4等まではキャラコ(インド産の平織りの綿布)が付いた。また、ハズレ券4枚でたばこ10本がもらえた。翌1946年(昭和21年)には地方くじ第1号「福井県復興宝籤」(別名:ふくふく籤)も登場した。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「10月の記念日」「今日は何の日

関連記事