ハロウィン(10月31日 記念日)

もともとは11月1日に行われるキリスト教の聖人の祝日「万聖節」の前夜祭。ヨーロッパを起源とする行事で、アメリカでは子どもの祭りとして定着している。

アイルランドの古代ケルト暦では大晦日にあたり、死者の霊が家に戻ってくる日で、ほうきに乗った魔女が黒猫を連れてやって来て悪さをする日と言われていた。子どもたちがいろいろな扮装をして戸口で「お菓子をくれなきゃ悪戯するよ」と脅すのもケルト族の言い伝えから。この日のシンボルはかぼちゃのランタン・魔女・お化け。シンボルカラーはオレンジと黒となっている。

「ハロウィン」の語源は、万聖節前晩にあたることから、諸聖人の日の英語での旧称「All Hallows」のeve(前夜)、「Hallows eve」が訛って、「Halloween」と呼ばれるようになったとされている。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「10月の記念日」「今日は何の日

関連記事