出雲ぜんざいの日(10月31日 記念日)

2007年(平成19年)に出雲ぜんざい学会が制定。

「1031」を「千三十一」とみなして、「ぜん(千)ざ(3)い(1)」の語呂合わせ。「ぜんざい」は、出雲地方の「神在じんざい餅」に起因している。出雲地方では旧暦の10月に全国から神々が集まり、このとき出雲では「神在祭かみありさい」と呼ばれる神事が執り行われている。そのお祭りの折に振る舞われたのが「神在餅」。その「じんざい」が、出雲弁(ずーずー弁)で訛って「ずんざい」、さらには「ぜんざい」となって、京都に伝わったと言われている。

リンク:出雲ぜんざい学会

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「10月の記念日」「今日は何の日

関連記事