バミューダトライアングルの日(12月5日 記念日)

1945年(昭和20年)のこの日、大西洋上で米軍機が突然消息を絶った。

このフロリダ・バミューダ・プエルトリコの三点を結ぶ三角形の海域では、100を超える船や飛行機が行方不明になっていると言われており、魔の三角海域「バミューダトライアングル」として有名になった。しかし、実際にはこの海域のみ遭難事故が多いという事実はなく、魔の三角海域が「伝説」として広く知られるにつれ、「遭難が多発する地帯」という誤った認識が広まってしまった。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「12月の記念日」「今日は何の日

関連記事