しそ焼酎「鍛高譚」の日(12月9日 記念日)

合同酒精株式会社をグループに置き、東京都中央区銀座に本社を置くオエノンホールディングス株式会社が2017年(平成29年)に制定。

日付は合同酒精のロングセラー商品であるしそ焼酎「鍛高譚」(たんたかたん)の発売開始日の1992年(平成4年)12月9日にちなむ。「鍛高譚」は北海道白糠町産の香り高い赤シソと、大雪山系を望む旭川の清冽な水を使用したさわやかな風味で人気のしそ焼酎。2017年で発売25周年となるのを記念して記念日とした。

しそ焼酎「鍛高譚」
鍛高譚

アルコール分は20%で内容量1,800ml/720mlのビンと900ml紙パック、アルコール分12%でそのまま飲める200mlペットカップがある。

鍛高(タンタカ)とは、アイヌ語でカレイ科の魚のこと。鍛高譚のラベルにはその魚「タンタカ」としその葉のイラストが描かれている。タンタカには物語があり、以下の動画がその「タンタカの物語」である。

リンク:鍛高譚

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「12月の記念日」「今日は何の日

関連記事