ノーベル賞授賞式(12月10日 記念日)

スウェーデンの化学者アルフレッド・ノーベル(1833~1896)が亡くなった日。ノーベル賞は彼の遺言により創設された。

物理学・化学・生理学医学・文学・平和・経済学の6分野あり、平和賞はノルウェーのオスロで、それ以外の賞はスウェーデンの首都・ストックホルムで、授賞式が行われる。賞の選考はノーベルが生まれたスウェーデンの研究機関が行い、平和賞だけは、創設当時スウェーデンと連合王国だった関係でノルウェーで選考される。賞ごとに選考委員会が作られ、世界中の大学や専門家に推薦依頼を送って、その返答をもとに受賞者が選ばれる。また、基本的に個人にのみ与えられる賞であるが、平和賞のみ団体の受賞が認められており、過去に「国境なき医師団」などが受賞している。11月27日は「ノーベル賞制定記念日」。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「12月の記念日」「今日は何の日

関連記事