百円玉記念日(12月11日 記念日)

1957年(昭和32年)のこの日、百円硬貨が発行された。

素材は銀で、図柄は鳳凰。それまでは板垣退助の肖像の紙幣だった。その後、1959年(昭和34年)、図柄が鳳凰から稲穂へと変更された。これは図柄のみの変更で銀貨のままだった。1967年(昭和42年)、現行の100円硬貨が発行されるが、素材は銀貨から白銅貨に変更され、図柄も桜の花三輪へと変更された。この百円玉に描かれている桜は、日本を代表する桜「ヤマザクラ」である。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「12月の記念日」「今日は何の日

関連記事