明太子の日(12月12日 記念日)

山口県下関市で明太子専門業として、辛子明太子を全国に普及させてきた前田海産株式会社が制定。

韓国伝来の辛子明太子が初めて日本に到来した発祥の地が山口県下関。日付は日本で初めて「明太子」という名称が新聞(関門日日新聞)に登場した1914年(大正3年)12月12日に由来する(「明太子開発史」成山堂刊に記載)。

辛子明太子はスケトウダラの卵巣(たらこ)を唐辛子などで漬け込んだもの。明太子とは「スケトウダラの子」という意味であり、本来は「たらこ」を示す言葉として使うのが正しい。しかし、今日では「明太子」を辛子明太子を指す言葉として用いる人が多く、さらには「めんたい」と略されて「めんたいスパゲティー」などと言う。

リンク:明太子.jp

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「12月の記念日」「今日は何の日

関連記事