ビタミンの日(12月13日 記念日)

2000年(平成12年)9月に「ビタミンの日」制定委員会が制定。

1910年(明治43年)のこの日、鈴木梅太郎博士(1874~1943)が、米糠から抽出した脚気を予防する成分に「オリザニン」と命名したことを東京化学会で発表した。オリザニンは後に、この1年後に発見されたビタミンB1と同じ物質であることが判明し、「ビタミン」と呼ばれるようになった。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「12月の記念日」「今日は何の日

関連記事