双子の日(12月13日 記念日)

1874年(明治7年)のこの日、「双子の場合は、先に産まれた方を兄・姉とする」という太政官指令が出された。

それまでは、後に産まれた子を兄・姉とする地方もあった。双子(双生児)は、受胎時の受精卵の数により、一卵性双生児と二卵性双生児に大別される。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「12月の記念日」「今日は何の日

関連記事