ザメンホフの日(Zamenhofa Tago)(12月15日 記念日)

国際語・エスペラントを考案したザメンホフの1859年の誕生日。

当時、帝政ロシア下にあったポーランドのビヤウィストクに誕生した。ザメンホフは27歳の1887年に「国際語」を発表し、生涯この言葉の普及にあたった。この日には世界各地でエスペラント使用者がザメンホフ祭(Zamenhofa Festo)などの催しを開く。また、エスペラントの本を買おうということで、「本の日」(Librotago)ともいわれている。6月12日は「エスペラントの日」。

リンク:日本エスペラント協会

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「12月の記念日」「今日は何の日

関連記事