東京駅完成記念日(12月18日 記念日)

1914年(大正3年)のこの日、東京駅の完成式が行われた。

1889年(明治22年)に新橋駅と上野駅を高架鉄道で結び、その中央に中央停車場をつくる計画が決定されたが、資金不足や日露戦争などで中断されていた。1908年(明治41年)から工事が開始され、6年半の歳月と280万円の費用をかけて完成し、「東京駅」と駅名も決まった。東京駅の位置は、江戸時代からの繁華街である京橋側ではなく、建設当時はまだ野原だった丸の内側に建設された。この場所は皇居の正面にあたり、丸の内口の中央に皇室専用の貴賓出入口がつくられた。1914年12月20日に開業し、東海道本線の起点が新橋駅から移された。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「12月の記念日」「今日は何の日

関連記事