日本人初飛行の日(12月19日 記念日)

1910年(明治43)のこの日、東京・代々木錬兵場(現在の代々木公園)で工兵大尉・徳川好敏が日本初飛行に成功した。

飛行機はフランス製のアンリ・ファルマン式複葉機で、最高高度は70m・飛行時間は4分・飛行距離は3000mだった。実際には5日前の14日に飛行に成功していたが、公式の飛行実施予定日ではなかったため「滑走の余勢で誤って離陸」と報告された。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「12月の記念日」「今日は何の日

関連記事