ブリの日(12月20日 記念日)

12月(師走)は「鰤」(ブリ)が魚へんに「師」と書くことから。20日は「ぶ(2)り(輪=0)」の語呂合わせ。

「ブリ」の語源には諸説ある。あぶらの多い魚なので「アブラ」の「ブラ」が転じたという説。古くは火にあぶって食べたので「あぶり」が略されて「ぶり」になったという説。また、成長に合わせて呼び名が変わる出世魚で、関東ではワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ、関西ではツバス→ハマチ→メジロ→ブリの順で呼ばれる。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「12月の記念日」「今日は何の日

関連記事