シーラカンスの日(12月20日 記念日)

1952年(昭和27年)のこの日、アフリカ・マダガスカル島沖でシーラカンスが捕獲され、学術調査が行われた。

1938年(昭和13年)に南アフリカで捕獲されて生存は確認されていたが、学術調査が行われたのはこれが初めてだった。それ以前は、7500万年前に絶滅したと考えられていた。学術調査の結果、化石の状態で発見された昔のシーラカンスとほとんど形が変わらないことが判明。このため、「生きた化石」と呼ばれている。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「12月の記念日」「今日は何の日

関連記事