回文の日(12月21日 記念日)

「回文俳句」などを手がける宮崎二健氏が制定。

「1221」が回文のようになっていることから。回文とは、始めから(通常通り)読んだ場合と終わりから(通常と逆に)読んだ場合とで文字や音節の出現する順番が変わらず、なおかつ、言語としてある程度意味が通る文字列のことで、言葉遊びの一種である。英語では「palindrome」という。「まさかさかさま」「にわのわに」「つつみがみっつ」「またたび浴びたタマ」など。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「12月の記念日」「今日は何の日

関連記事