官公庁御用納め、仕事納め(12月28日 記念日)

官庁で、年末年始の休みの前のその年の最後の事務をとること。また、多くの民間企業でもこの日が仕事納めとなる。

1873年(明治6年)から、官公庁は12月29日から1月3日までを休暇とすることが法律で定められており、28日が最後の業務日であり、仕事納めとなる。通常は12月28日であるが、この日が土・日曜日の場合は直前の金曜日となる。1月4日は「官公庁御用始め」の日。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「12月の記念日」「今日は何の日

関連記事