除夜(12月31日 記念日)

大晦日の夜のこと。かつては一年の神「歳神」を迎えるために朝まで眠らずに過ごす習慣があった。

除夜には各家庭で年越しそばが食べられ、寺では除夜の鐘が撞かれる。「除夜の鐘」は108回撞かれる。眼・耳・鼻・舌・身・意の六根のそれぞれに好(気持ちが好い)・悪(気持ちが悪い)・平(どうでもよい)があって18類、この18類それぞれに浄・染(きたない)があって36類、この36類を前世・今世・来世の三世に配当して108となり、これは人間の煩悩の数を表すとされている。また、月の数12、二十四節気の数24、七十二候の数72を足した数が108となり、一年間を表しているとの説もある。「除夜の鐘」は、これら108の煩悩を一つ一つ消し去るといわれている。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「12月の記念日」「今日は何の日

関連記事