「生物(動物・植物)」記事一覧

かつてニュージーランドには白い花しかなかった

ニュージーランドは今から約1億年前に巨大なゴンドワナ大陸から分裂してできた。他の陸地とは海で隔てられていたこともあり、独自の進化を遂げた動植物を数多く見ることができる。

[続きを読む]

毛ガニより毛深い「ケブカガニ」がいる

ケブカガニ科のケブカガニは、毛ガニよりも体が小さいが、体全体が毛深くフサフサしている。

[続きを読む]

水族館にイカが少ない理由

水族館にはたくさんの種類の魚がいるが、イカの展示はあまりない。

[続きを読む]

水族館の水槽はエイのおかげでキレイ

水族館の水槽には白砂が敷き詰められている。白砂は魚を綺麗に見せる反面、コケが生えると目立ってしまう。

[続きを読む]

日本には空を飛ぶイカがいる

空を飛ぶイカはアカイカ科のトビイカ(鳶烏賊)である。

[続きを読む]

植物には「キンモクセイ」と「ギンモクセイ」がある

秋になると甘い香りがするモクセイ科の「キンモクセイ」は有名だが、「ギンモクセイ」という植物もある。

[続きを読む]

世界初「一卵性双生児」の犬は2016年に偶然発見された

人間以外の動物では一卵性双生児はほとんどないと言われていた。しかし、2016年(平成28年)に世界で初めて一卵性双生児の犬が遺伝子検査によって確認された。

[続きを読む]

ヒラメとカレイは生まれた時は左右に目が付いている

ヒラメは、カレイ目ヒラメ科の魚で、体の左側に目が2つあり、右側(裏側)は真っ白で目が付いていない。カレイは、カレイ目カレイ科の魚で、ヒラメとは反対で体の右側に目が2つある。

[続きを読む]

コイ(鯉)は口に歯はないが咽頭歯を持っている

コイは、コイ目コイ科に分類される魚で、食性は雑食で、水草やミミズ、カエル、昆虫類、甲殻類、貝類、小魚など、口に入るものならほとんど何でも食べる。

[続きを読む]

右脳や左脳 脳のシワ 勘違いしている事実

右利きだと左脳を使い、左利きだと右脳を使う。「左利きは右脳型でひらめきの天才肌」という話を聞いたことがある人もいるはず。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加