「動物・植物」記事一覧

体が左右でオス・メスに分かれた生き物がいる

世界には体の半分がオスで半分がメスの珍しい生き物がいる。

[続きを読む]

動物園の餌やりは「探させる」がトレンド

最近、話題になっているのが「環境エンリッチメント」という言葉で、動物の環境を豊かにしてあげようという取り組みが行われている。

[続きを読む]

サイの角はただのイボ

サイといえば勇猛な角が特徴だが、実はこのツノはただのイボである。

[続きを読む]

チーターは自分より小さな動物しか襲わない

よこはま動物園ズーラシアにおいてアフリカのサバンナの環境を再現したエリアでは、肉食動物のチーターと草食動物のシマウマやキリン、エランドが一緒にいる混合展示がされている。

[続きを読む]

世界最大の植物の種はオオミヤシの種

ヤシ科のオオミヤシ(フタゴヤシ)は西インド洋のセーシェル諸島の原産で植物界最大の種を持つ。

[続きを読む]

世界に1頭だけ白と茶色のパンダがいる

パンダといえば白と黒色の模様で人気があり、2017年(平成29年)6月12日に東京・上野動物園でジャイアントパンダの子どもが生まれ話題となっている。

[続きを読む]

ワカメは世界の侵略的外来種ワースト100に選ばれている

ワカメはもともとアジア周辺にしか生息しておらず、食べる文化があるのは日本や韓国など少数である。

[続きを読む]

ペンギンは夫婦になると一生連れ添う

離婚率は3%といわれるほど、ペンギン夫婦の絆はとても強い。

[続きを読む]

日本で生まれたパンダの子どもにもレンタル料がかかる

2017年(平成29年)6月12日に東京・上野動物園でジャイアントパンダの子どもが生まれ話題となっているが、この子どもにもレンタル料はかかる。

[続きを読む]

カラフルなバラは色水を吸わせて作っている

愛知県にある花屋「花模様」の店長がカラフルなバラを作っている。このバラは「レインボーローズ」と呼ばれ、花言葉は「奇跡」である。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加