「動物・植物」記事一覧

ヒラメとカレイは生まれた時は左右に目が付いている

ヒラメは、カレイ目ヒラメ科の魚で、体の左側に目が2つあり、右側(裏側)は真っ白で目が付いていない。カレイは、カレイ目カレイ科の魚で、ヒラメとは反対で体の右側に目が2つある。

[続きを読む]

コイ(鯉)は口に歯はないが咽頭歯を持っている

コイは、コイ目コイ科に分類される魚で、食性は雑食で、水草やミミズ、カエル、昆虫類、甲殻類、貝類、小魚など、口に入るものならほとんど何でも食べる。

[続きを読む]

右脳や左脳 脳のシワ 勘違いしている事実

右利きだと左脳を使い、左利きだと右脳を使う。「左利きは右脳型でひらめきの天才肌」という話を聞いたことがある人もいるはず。

[続きを読む]

警戒心のあるネコは人が目を閉じると安心する

自分の飼いネコではない、野良ネコなどは人が目を合わせると、ネコもこちらをジッと見つめて警戒心で目をそらしてくれない。

[続きを読む]

ハリネズミは生まれた時はハリ無しである

いまペットしてハリネズミの人気があり、ハリネズミの写真集が発売されている。また、東京・六本木にはハリネズミに直接触れることができるハリネズミカフェ HARRY(ハリー)もある。

[続きを読む]

音楽に合わせて動く植物がある

触ると葉を閉じるオジギソウ、ハエが入ると葉を閉じるハエトリグサなど動く植物がいるが、音楽で動く植物もいる。

[続きを読む]

頭のいい人と脳の重さの関係 天才の脳は重いのか

あらゆる動物の中で、人間は体の大きさの割に脳が重い。そこから脳が重いほうが頭がいいと言われるが、人間の中でも同じことが言えるのだろうか。

[続きを読む]

寒さや恐怖、感動で鳥肌が立つ体の仕組み

寒さや恐怖、嫌悪感に対して反応した時、「鳥肌が立つ」と言う。関西地方では寒くてイボが出ることから「さぶいぼ」とも言う。これは立毛筋という筋肉が収縮する現象。

[続きを読む]

渡り鳥が移動する方向が分かる理由

渡り鳥は、食糧や繁殖などの事情に応じて何千キロという長い距離を移動する。毎年同じコースを飛び、北半球では北の地域で繁殖し、南の暖かい地域で越冬する。

[続きを読む]

汗が臭い人と臭くない人の違い

そもそも汗自体に臭いはない。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加