「食べ物・お酒」記事一覧

広島の銘菓もみじ饅頭がマツダの復活を支えた

広島のお土産といえば「もみじ饅頭」。なんと年間1億個が食べられている広島が誇る大人気のお菓子である。このもみじ饅頭が広島に本社を置く自動車メーカー・マツダの復活を支えた。

[続きを読む]

分厚いイクラの瓶には重要な役割がある

しょうゆ漬けのイクラの瓶詰めは、他の瓶詰めとは違う特殊な瓶を使用している。

[続きを読む]

知れば一層美味しく食べられるおでんの5つの秘密

現在ではコンビニで気軽に食べることができるおでん。気温が下がり始める8月下旬ごろから販売を開始するコンビニが多いが、店舗によっては一年中おでんを販売している。

[続きを読む]

食後のフルーツは胸やけや口臭の原因になる

フルーツを食べるメリットには、胃に負担をかけない優しい食べ物であるということ挙げられる。

[続きを読む]

回転寿司で注文よりレーンの方が美味しいネタ

回転寿司にはレーンに流れているものとタッチパネルで注文するものがあるが、レーンの方が美味しいネタがある。

[続きを読む]

何かが無性に食べたくなる時は病気の恐れがある

夜中に何かが無性に食べたくなる時というのは体が「足りない栄養素を欲している」というサインであり、栄養素不足からくる病気の恐れのサインである場合もある。

[続きを読む]

牛肉のランクA5の「A」は肉の質には関係ない

焼肉店などで目にする「黒毛和牛の最高ランクA5」という表示。A5の牛肉は値段も高いがその分美味しい肉であると理解している人が多いはず。しかし、ランクA5の「A」は肉の質には関係がない。

[続きを読む]

日本で初めてペットボトルで売り出された商品は醤油

日本初のペットボトルの商品は1977年(昭和52年)にキッコーマンから発売された醤油である。

[続きを読む]

パンのセルフサービスは広島の「アンデルセン」が発祥

現在では当たり前になっているパンを自分でトレイにのせてレジへ持っていくというセルフサービスは広島の「アンデルセン」が発祥である。

[続きを読む]

プッチンプリンのカラメルソースは最後に入れる

1972年(昭和47年)にグリコ協同乳業株式会社(現:江崎グリコ株式会社)から発売されたプッチンプリン。累計販売個数51億個で「世界で最も売れたプリン」としてギネス世界記録に認定されている。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加