「歴史・文化」記事一覧

折り鶴の歴史は安土桃山時代までさかのぼる

折り鶴とは、紙を折って鶴に似せた形に作るもの。現在では正方形の折り紙で作られる最も一般的な作品の一つである。

[続きを読む]

私立大学は寄付金が多い人を優先的に入学させてもよい

法律上、私立大学は多額の寄付をしてくれる生徒を優先的に入学させても問題ない。もちろん国公立大学はこのようなことは出来ない。

[続きを読む]

「ウッチャンナンチャン」は最初「おあずけブラザーズ」だった

「ウッチャンナンチャン」は、内村光良(ウッチャン)と南原清隆(ナンチャン)から成る、日本のお笑いコンビ。

[続きを読む]

昔、お米屋さんは選挙で選ばれていた

戦後間もなく、お米屋さんは選挙で選ばれていた。これはお米の値段を不当に上げたり、粗悪な米を混ぜたりしないようにするため。

[続きを読む]

姫路城の瓦紋のアゲハ蝶は逆さまで未完成のまま

2015年(平成27年)3月、24億円をかけた5年半の「平成の大修理」を経て、白く荘厳な姫路城の姿が復活した。この大修理を経た今でもわざと未完成のままのところがある。

[続きを読む]

織田信長は「占いに根拠がないこと」を証明しようとした

映画やドラマで数多く描かれてきた織田信長(1534~1582)は、天下統一のため何万という人の命を奪うなど残忍な性格で知られているが、信長は得体の知れないものや不思議なものに人一倍興味を持っていて、本当かどうかを確かめること自体に興味を持っていたという。

[続きを読む]

「井の中の蛙 大海を知らず」には続きがある

「外のことを少しも知らないから、自分が一番偉いと思い込んでいる」などのマイナスのイメージで使われる言葉だが、前向きな意味の続きがある。

[続きを読む]

朝ドラの俳優には楽屋がない

普通のドラマ撮影では楽屋があり、俳優が待機時間に使うが、朝ドラの俳優には楽屋がないという。

[続きを読む]

兵庫県竹田城の石垣は上の石が外側に出た工夫された石垣

「日本のマチュピチュ」や「天空の城」と言われている兵庫県にある竹田城。現在では石垣しか残っていない城跡だが、この石垣はとても工夫された造りをしている。

[続きを読む]

戦争時に姫路城を丸ごと隠そうと黒い網で覆っていた

2015年(平成27年)3月、24億円をかけた5年半の「平成の大修理」を経て、白く荘厳な姫路城の姿が復活した。ドラマや映画では今はなき江戸城の代わりに登場している。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加