「生活・科学」記事一覧

化学繊維のナイロンは石炭と空気と水でできている

1937年(昭和12年)、世界初の化学繊維ナイロンが発明され、翌年に発売された時の宣伝文句は、「石炭と空気と水から作られた、クモの糸より細く鋼鉄より強い繊維」だった。

[続きを読む]

サウナは約100℃の高温なのにヤケドしない理由

サウナの温度は意外と高く、90~100℃ぐらいある。こんな高温だとヤケドしてしまいそうだが、なぜヤケドしないのだろうか。

[続きを読む]

宙返りしてる飛行機の中で水や風船はどうなるか

地上で逆上がりをした状態でコップに水を注ごうとすると、水は重力によって下向きに流れてしまうため、コップをそのままの状態では入れることができず、コップを地面側にして受けないと水を入れることができない。

[続きを読む]

知らないうちに事故物件に住んでいる可能性がある

事故物件とは、敷地内で病気・事故・自殺などによって人が亡くなった物件のこと。

[続きを読む]

エレベーターに鏡が付いている理由

駅などの公共施設にあるエレベーターには鏡が付いていることが多い。これは身だしなみをチェックするために付いているわけではない。

[続きを読む]

日本人を小顔に見せる分け目の法則がある

美容室では髪型がばっちり決まっているのに、翌日家ではうまくできないという経験をした人は多いはず。

[続きを読む]

痩せて見える鏡「シェイプアップミラー」がある

お店で試着した時はよく見えたのに、家に帰ると少し違って見えるという経験をしたことがある人もいるかもしれない。

[続きを読む]

学校の美術室だけ窓の配置のルールが違う

学校の教室には様々な工夫があり、子どもの頃は知らなかった工夫も多い。例えば理科室では普通の教室の机とは違い、机の色は黒色をしている。これは薬品をこぼした時、見えやすくするため。

[続きを読む]

耳アカが乾いている人と湿っている人の違い

耳アカは人によって乾いている人と湿っている人がいる。この違いは、耳の中で分泌されるフェロモンの量が少ないか多いかの違い。

[続きを読む]

コーヒーを飲んで苦い子どもと苦くない大人の違い

コーヒーやピーマンなど、大人は大丈夫だが、子どもは苦くて苦手であることが多い。この違いは、口の中の味を感じる細胞が減ったかどうかの違いにある。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加