「生活・科学」記事一覧

ロウソクの火が消えた後、煙に火を近づけると火が付く

ロウソクの火が消えた後に煙が残るが、この煙に火を近づけるとロウソクに再び火が付く。

[続きを読む]

耳に輪ゴムを付けるだけで小顔になる

輪ゴムを使うだけでお手軽に小顔効果がある。まず、輪ゴムを自分の耳のサイズに調整し、少し締め付けられるサイズにする。その輪ゴムを耳にかけて10分間放置するだけ。

[続きを読む]

色白の人の方がシワが出来やすい

シワが出来る主な原因は紫外線。この紫外線から肌を守るのがメラニン。

[続きを読む]

お見合い写真が本人と違いすぎても詐欺罪ではない

お見合い写真が本人と違いすぎたら「詐欺だ」と言いたくなるところだが、詐欺罪にはならない。

[続きを読む]

プロポーズに失敗したら返却できるレンタル婚約指輪がある

名古屋のジュエリーショップ「ヴァンモア」では、100種類以上ある指輪の中から好きなデザインを選び、2万円でレンタルすることができる。

[続きを読む]

指紋は一人一人全員違う

個人特定において指紋鑑定の右に出るものはない。世界の人口は約70億人だが、その全員の指紋が違うという。

[続きを読む]

化学繊維のナイロンは石炭と空気と水でできている

1937年(昭和12年)、世界初の化学繊維ナイロンが発明され、翌年に発売された時の宣伝文句は、「石炭と空気と水から作られた、クモの糸より細く鋼鉄より強い繊維」だった。

[続きを読む]

サウナは約100℃の高温なのにヤケドしない理由

サウナの温度は意外と高く、90~100℃ぐらいある。こんな高温だとヤケドしてしまいそうだが、なぜヤケドしないのだろうか。

[続きを読む]

宙返りしてる飛行機の中で水や風船はどうなるか

地上で逆上がりをした状態でコップに水を注ごうとすると、水は重力によって下向きに流れてしまうため、コップをそのままの状態では入れることができず、コップを地面側にして受けないと水を入れることができない。

[続きを読む]

知らないうちに事故物件に住んでいる可能性がある

事故物件とは、敷地内で病気・事故・自殺などによって人が亡くなった物件のこと。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加