「語源・由来」記事一覧

「ひとりずもう」の語源・由来

ひとりずもう(一人相撲、独り相撲)は、相手もいないのに自分だけが空回りしていること、また、実りのない物事に必死で取り組むことを意味する。

[続きを読む]

「序の口」の語源・由来

「序の口」は、物事が始まったばかりのこと、発端を意味する。

[続きを読む]

「勇み足」の語源・由来

「勇み足」は、調子づいて自ら失敗したり、やりすぎたりした時などに使われる表現である。

[続きを読む]

ほとんどの漫画家が使うGペンの「G」の由来

ほとんどの漫画家は万能ペンであるGペンを使っている。

[続きを読む]

「鉄火巻き」の語源・由来

鉄火巻き(てっかまき)とは、江戸前寿司または海苔巻きの一種で、鮪(マグロ)の赤身におろしワサビを付けて芯にし、これを酢飯と海苔で巻いたもの。

[続きを読む]

「探偵小説」が「推理小説」に変わった理由

「推理小説」は小説のジャンルの一つで、以前は「探偵小説」と呼ばれていていた。

[続きを読む]

スイートルームの「スイート」の意味

一般的にホテルの最上級の部屋という意味で使われるスイートルームであるが、「スイート」は「甘い」という意味の「sweet」ではない。

[続きを読む]

刑務所の「ムショ」の語源・由来

「ムショ」は刑務所のことを指す言葉であり、そこから「刑務所」の略のようにも思えるが実は違う。

[続きを読む]

テニスの「サービス」の意味と由来

テニスの見どころの一つと言えば「サーブ」。速い人では時速200kmを超え、相手が返球できない好サーブのことを「サービスエース(service ace)」とも言う。そんな強烈な球をなぜ「サービス」と言うのだろうか。

[続きを読む]

歌舞伎が由来の言葉はたくさんある 「幕を引く」「修羅場」など

およそ400年の歴史を持つ歌舞伎には、私たちの生活に自然に溶け込んでいる言葉が数多くある。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加