「語源・由来」記事一覧

「日本アルプス」の名前の由来

日本アルプスとは、飛驒山脈(北アルプス)、木曽山脈(中央アルプス)、赤石山脈(南アルプス)の3つの山脈の総称である。

[続きを読む]

「きんつば」の名前の由来

「きんつば」(金鍔)は、「きんつば焼き」の略称で、和菓子の一つである。つぶし餡(あん)を厚く四角形に切り、溶いた小麦粉を薄く周囲につけて鉄板で表面を焼いたもの。

[続きを読む]

「ハイボール」の名前の由来

ハイボール(Highball)とは、日本ではウイスキーをソーダ水で割ったもの(ウイスキー・ソーダ)のことである。名前の由来については諸説ある。

[続きを読む]

「弘法にも筆の誤り」の語源・由来

「弘法にも筆の誤り」とは、その道に長じた人でも時には失敗をすることがあるという意味のことわざである。

[続きを読む]

上野動物園の赤ちゃんパンダ「シャンシャン」の名前の由来

2017年(平成29年)6月12日に産まれた赤ちゃんパンダは、9月25日に名前が「シャンシャン(香香)」に決定した。

[続きを読む]

「五右衛門風呂」の語源・由来

五右衛門風呂とは、かまどの上に鉄の釜を据え、下から火をたいて直接に沸かす風呂のこと。入浴のときは、浮いている底板を踏み沈めて入る。関西地方でよく用いられた。

[続きを読む]

イヤミの「シェー」は元々は違うフレーズだった

赤塚不二夫の漫画作品『おそ松くん』に登場するイヤミ(井矢見)の名ゼリフといえば「シェー」だが、元々は「ショエー」というフレーズだった。

[続きを読む]

「小倉あん」の語源・由来

小倉あんとは、つぶし餡やこし餡に蜜で煮て漬けた大納言小豆を加えて加工したもの。

[続きを読む]

林先生の「いつやるか?今でしょ!」誕生のきっかけ

林先生こと林修は、タレント、予備校・東進ハイスクール講師で、「いつやるか?今でしょ!」のフレーズで有名となった。

[続きを読む]

「ひとりずもう」の語源・由来

ひとりずもう(一人相撲、独り相撲)は、相手もいないのに自分だけが空回りしていること、また、実りのない物事に必死で取り組むことを意味する。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加