「東京の地名の由来」記事一覧

品川駅が品川区ではなく港区の理由

品川駅は名前から「品川区」にあるだろうと思っていまいがちだが、品川駅の所在地は東京都港区高輪で「港区」になる。なぜ品川区ではなく港区なのだろうか?

[続きを読む]

「有楽町」「数寄屋橋」の地名の由来

東京都千代田区にある「有楽町ゆうらくちょう」は皇居の南東側に位置し、東側は「銀座」である。大手町・丸の内と合わせて「大丸有だいまるゆうエリア」とも呼ばれる。「東京国際フォーラム」や、複合商業施設「有楽町センタービル」(通称:有楽町マリオン)、「有楽町イトシア」などがある。

[続きを読む]

「八重洲」の地名の由来

東京都中央区にある「八重洲やえす」は、東京駅の東側に位置する町名で、また東京駅の東側一帯を指す地区の名前としても使用される。東京駅の西側を「丸の内口」、東側を「八重洲口」といい、八重洲口には大丸東京店がある「グラントウキョウ」や「東京駅一番街」、「八重洲地下街」などがある。また、八重洲口側はビジネス街として発展している。

[続きを読む]

「日本橋」の地名の由来

東京都中央区にある「日本橋」の地名は日本橋川に架けられた橋の名前に由来する。日本橋は日本の道路網の始点となっており、20代目となる現在の橋は国の重要文化財(建造物)に指定されている。また、「日本橋」は地域の名前としても使用されている。

[続きを読む]

「秋葉原」の地名の由来

東京都台東区にある「秋葉原」は秋葉原駅周辺を指す地域名であり、町名としても存在する。現在では電気街、サブカルチャーの街として世界的にも有名となり、アキバの略称でも呼ばれている。電気店、音楽店、ホビーショップなどの店が多く建ち並ぶ。

[続きを読む]

「銀座」の地名の由来

東京都中央区にある「銀座」は日本を代表する繁華街で、そのにぎやかなイメージから「銀座」の名は一種のブランドになっており、日本各地で商店街「○○銀座」や「銀座通り」という名前が見ることができる。

[続きを読む]

「築地」の地名の由来

東京都中央区にある「築地」は隅田川に隣接し、「月島」の西側に位置する場所で、中央卸売市場や築地本願寺、国立がん研究センター、聖路加国際病院などがある。

[続きを読む]

「浅草」の地名の由来

東京都台東区にある「浅草」は江戸時代以前から東京の繁華街として栄え、現在も江戸の下町情緒溢れる街として国内外の環境客で賑わっている。浅草地区のランドマークとして浅草寺の雷門が知られて、押上にある東京スカイツリーを町の背景に臨むことができる。

[続きを読む]

「神田」の地名の由来

東京都千代田区にある「神田かんだ」は現在町名としては存在せず、地区の地名として使用されている。「神田地区」の範囲にはJR山手線の神田駅、秋葉原駅、JR中央・総武線の御茶ノ水駅、水道橋駅が含まれる。この地区には「神田」の名が付く町名が現在も数多く存在する。

[続きを読む]

「上野」の地名の由来

東京都台東区にある「上野」は繁華街であり、また上野動物園や東京国立博物館、桜の名所でもある上野恩賜公園など見どころも多い。広域地名としては浅草と共に上野・浅草副都心を形成し、上野駅を中心とする一帯を指す。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加