「東京の地名の由来」記事一覧

「浜松町」の地名の由来

東京都港区にある「浜松町」は港区の北東部に位置し、JR山手線の駅がある。浜松町駅・大門駅を中心にビジネス街として発展し、商業ビルがほとんどで、その中にわずかに住宅が存在する。

[続きを読む]

「新橋」の地名の由来

東京都港区にある「新橋」は日本の鉄道発祥の地で流通の拠点として発展し、現在ではJR山手線の駅があり、駅の西側(烏森口側)の駅前広場(通称:SL広場)には蒸気機関車が保存されている。オフィスビルが建ち並ぶビジネス街であり、「サラリーマンの街」として有名。

[続きを読む]

「汐留」の地名の由来

東京都港区にある「汐留」は江戸時代以前は海辺の湿地帯であったが、現在では11の街区からなり高層ビルが連なる巨大複合都市・汐留シオサイトとしてビジネスの中心にも、観光名所にもなっている。

[続きを読む]

「赤坂」の地名の由来

東京都港区にある「赤坂」は政治家御用達の料亭街として知られ、また赤坂サカスや東京ミッドタウン、アークヒルズといった商業施設が並ぶ華やかな街。

[続きを読む]

「六本木」の地名の由来

東京都港区にある「六本木」は各国の大使館があり、外国人が多い国際的な街。六本木ヒルズや泉ガーデンなどがありオフィス街でもあるが、夜になるとバーやクラブ、キャバクラなどが多い繁華街となる。

[続きを読む]

「麻布十番」の地名の由来

東京都港区にある「麻布十番」は大規模なビルや商業施設は少なく、雑居ビルや商店が多い。以前は鉄道の駅がなく「陸の孤島」とも呼ばれていたが、現在では麻布十番駅もでき、複合施設・六本木ヒルズが近いなど人気の高い街。

[続きを読む]

「白金」の地名の由来

東京都港区にある「白金」の読みは「しろかね」で、都内有数の高級住宅街であり、この近隣に住む高級なイメージのある女性のことをシロガネーゼともいう。南東は高輪と接する。

[続きを読む]

「飯田橋」の地名の由来

東京都千代田区にある「飯田橋」は地名や駅名としてよく知られており、現在ではオフィス・飲食店のビルが多く建ち並ぶ町。

[続きを読む]

「人形町」の地名の由来

東京都中央区にある「人形町」は正式には「日本橋人形町」。オフィス・飲食店・住居が混在する街で、老舗店舗が多い。飲食店が連なる甘酒横丁という通りが有名。

[続きを読む]

「高田馬場」の地名の由来

東京都新宿区にある「高田馬場」はJR山手線の駅名や手塚治虫の仕事場があった場所、また代表作である「鉄腕アトム」の「アトム生誕の地」としても知られている。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加