「東京の地名の由来」記事一覧

「池袋」の地名の由来

東京都豊島区にある「池袋」はJR山手線の駅があり、新宿、渋谷と並ぶ山の手エリア3大副都心の一つ。池袋駅を中心に繁華街が広がり、百貨店や専門店、飲食店のビルが立ち並ぶ。池袋駅の一日平均乗降者数は約271万人(2007年度)で新宿駅に次いで世界第2位。

[続きを読む]

「田端」の地名の由来

東京都北区にある「田端」はJR山手線の駅があり、かつての田端村は崖地の上側にあり、その西側の現在の田端駅がある場所は崖地の下側に当たる。2008年(平成20年)、田端駅に駅ビル「アトレヴィ田端」が完成した。

[続きを読む]

「千住」の地名の由来

東京都足立区にある「千住」は「せんじゅ」と読み、JR・東京メトロ「北千住駅」周辺の地名。江戸時代の頃から日光街道・奥州街道の第1宿「千住宿」が整備され発展し、現在では足立区最大の町となっている。

[続きを読む]

「小岩」の地名の由来

東京都江戸川区にある「小岩」は地域名で、かつて東京府南葛飾郡に「小岩町」という町名が存在した。現在、「小岩」という町名はなく、「北小岩」、「西小岩」、「東小岩」、「南小岩」の4つに分かれている。

[続きを読む]

「柴又」の地名の由来

東京都葛飾区にある「柴又」は映画「男はつらいよ」シリーズの寅さんの故郷であり、その舞台として有名。概ね住宅地であるが、「新柴又駅」周辺には農地が存在する。

[続きを読む]

「板橋」の地名の由来

東京都板橋区にある「板橋」は区名にもなっているが、町名としても存在する。この土地は江戸日本橋を起点とする中山道が通る場所であった。中山道は板橋、奈良井(長野県塩尻市)、妻籠つまご馬籠まごめ(長野県木曽郡南木曽町)などを通り、滋賀県の草津で東海道と合流する。

[続きを読む]

「田園調布」の地名の由来

東京都大田区にある「田園調布」は大田区の最西端に位置し、都内有数の高級住宅街として有名で、多くの著名人が暮らしている。田園調布駅西側に広がる扇状の町並みが特徴的。

[続きを読む]

「目黒」の地名の由来

東京都目黒区にある「目黒」は区名でもあり、地域名として使用されることが多いが、町名としても存在する。JR山手線の駅があり、目黒川が北西から南東に向かって流れており、川をはさんで深い谷がある。一丁目の高台は高級住宅街で、マンションが建ち並ぶ。

[続きを読む]

「新宿」の地名の由来

東京都新宿区にある「新宿」は区名でもあり、地域名として使用されることが多いが、町名としても存在する。新宿駅を中心に歓楽街・オフィス街が広がり、渋谷、池袋と並ぶ3大副都心の一つであり、日本を代表する繁華街である。

[続きを読む]

「本郷」の地名の由来

東京都文京区にある「本郷」は東京のみならず全国各地に存在する地名。文京区本郷は東京大学があることで知られている。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加