「東京の地名の由来」記事一覧

「阿佐谷」の地名の由来

東京都杉並区にある「阿佐谷」は杉並区の中央に位置し、町名は「阿佐谷」で、鉄道やバスの駅名は「阿佐ヶ谷」となる。町域の多くが住宅地で、駅周辺には商店街も多い。

[続きを読む]

「湯島」の地名の由来

東京都文京区にある「湯島」は文京区の南東部に位置し、湯島聖堂、湯島天満宮(通称:湯島天神)、春日局の墓所がある麟祥院、東京医科歯科大学などがある。

[続きを読む]

「練馬」の地名の由来

東京都練馬区にある「練馬」は区名でもあり、地域名として使用されることが多いが、町名としても存在する。練馬駅や豊島園駅、練馬総合運動場がある。

[続きを読む]

「亀有」の地名の由来

東京都葛飾区にある「亀有」は葛飾区の北部に位置し、秋本治の漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の舞台としても知られている。以前は日立製作所や三共(現:第一三共)などの工場地帯であったが、工場は撤退し、現在は亀有駅を中心とした商店街と閑静な住宅街となっている。

[続きを読む]

「荒川」の地名の由来

東京都荒川区にある「荒川」は区名でもあり、地域名として使用されることが多いが、町名としても存在する。荒川区の中央部に位置し、町工場や商店街、住宅が混在し、下町の光景が見られ、区役所や区公民館の施設があるほか、荒川自然公園や三河島水再生センターのような比較的大規模な施設もある。

[続きを読む]

「台東」の地名の由来

東京都台東区にある「台東」は区名でもあるが、町名としても存在する。台東区の南部に位置し、商業地と住宅地が混在している。つくばエクスプレスを運営している首都圏新都市鉄道の本社がある。

[続きを読む]

「代官山」の地名の由来

東京都渋谷区にある「代官山」は正式には「代官山ちょう」で、渋谷区の南西部に位置する。ブティック、洋菓子店、レストラン、カフェなどの商業施設も多く、おしゃれな町として人気が高い。また閑静な高級住宅地でもある。

[続きを読む]

「巣鴨」の地名の由来

東京都豊島区にある「巣鴨」はJR山手線の駅があり、「おばあちゃんの原宿」として有名で、多くの高齢者で賑わっている。とげぬき地蔵の通称で知られる高岩寺こうがんじや江戸時代に中山道の休憩場として栄えた巣鴨庚申塚こうしんづか(現在の庚申堂・巣鴨猿田彦大神さるたひこおおかみ)がある。

[続きを読む]

「十条」の地名の由来

東京都北区にある「十条」は現在、町名としては存在せず、「上十条」、「中十条」、「東十条」、「十条台」、「十条仲原」に分かれた町域の総称のことをいう。

[続きを読む]

「舎人」の地名の由来

東京都足立区にある「舎人」は足立区の最北端に位置し、かつ東京23区の最北端でもある。2008年(平成20年)、日暮里・舎人ライナーが開通したことでその名前が有名となった。舎人公園や見沼代親水公園がある。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加