「東京の地名の由来」記事一覧

「葛西」の地名の由来

東京都江戸川区にある「葛西」は江戸川区南部の地区のことで、かつての武蔵国葛飾郡のことを指す場合もある。現在の隅田川と江戸川(旧利根川)に挟まれた低地帯にあたる。

[続きを読む]

「世田谷」の地名の由来

東京都世田谷区にある「世田谷」は区名でもあり、地域名として使用されることが多いが、町名としても存在する。世田谷区の中央部に位置し、世田谷区役所や国士舘大学世田谷キャンパスがある。

[続きを読む]

「永田町」の地名の由来

東京都千代田区にある「永田町ながたちょう」は千代田区の南端に位置し、国会議事堂を中心に内閣総理大臣官邸(首相官邸)など政府機関が建ち並び、隣接する「霞が関」とともに日本の国家機能の中枢である。

[続きを読む]

「歌舞伎町」の地名の由来

東京都新宿区にある「歌舞伎町」は歓楽街として有名で、映画館や漫画喫茶、パチンコ店、居酒屋、キャバクラ、風俗店、ホストクラブなどが建ち並ぶ。「眠らない街」ともいわれ、深夜もネオンで明るく人通りも多い。

[続きを読む]

「春日」の地名の由来

東京都文京区にある「春日かすが」は文京区の南部に位置し、北を小石川、東を本郷、南を後楽、西を水道小日向と接する。

[続きを読む]

「押上」の地名の由来

東京都墨田区にある「押上」は2012年に完成した東京スカイツリーがある場所として知られている。東京スカイツリーの高さは武蔵の語呂合わせでもある634mで、自立式電波塔としては世界一の高さとなった。

[続きを読む]

「池上」の地名の由来

東京都大田区にある「池上」は大田区内の大森地域に属し、日蓮宗の大本山である池上本門寺の門前町(寺院・神社の周辺に形成された町)として発展した。町域の西側に国道1号(第二京浜国道)が走り、東西に呑川が流れている。

[続きを読む]

「白河」の地名の由来

東京都江東区にある「白河」は深川地域の北西に位置し、2000年の清澄白河駅の開業で交通の利便性が向上し、その後、隣接する「清澄」とともに高層マンションの建設など再開発が進んでいる。霊巌寺れいがんじや深川江戸資料館がある。

[続きを読む]

「大井」の地名の由来

東京都品川区にある「大井」は品川区の南東部に位置し、東部にはJR東海道本線などの線路が走る。駅周辺は商業地でビルも多く、他は住宅地となっている。イトーヨーカドー大井町店、阪急大井町ガーデン、大森貝塚、きゅりあん品川区立総合区民会館(所在地は東大井)などがある。

[続きを読む]

「洗足」の地名の由来

東京都目黒区にある「洗足」は「せんぞく」と読み、目黒区の南端部に位置し、大田区と品川区に接している。戦前から高級住宅街であり、また、徳仁親王妃なるひとしんのうひ(旧姓:小和田)雅子の出身地としても知られている。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加