「東京の地名の由来」記事一覧

「大森」の地名の由来

東京都大田区にある「大森」は大田区の北東部に位置し、大森地区の北側に位置する大森駅周辺には商業地が多い。いすゞ自動車本社やニフティ本社などが入る大森ベルポート(所在地は品川区南大井)や大森貝塚(所在地は品川区大井)、しながわ水族館(所在地は品川区勝島)、イトーヨーカドー大森店などがある。

[続きを読む]

「成城」の地名の由来

東京都世田谷区にある「成城」は東に仙川、西に野川が流れ、台地状の土地であり、都内有数の閑静な高級住宅街として知られている。

[続きを読む]

「代々木」の地名の由来

東京都渋谷区にある「代々木」は渋谷区の北部に位置し、JR山手線の駅がある。町名としても存在するが、地域名としても使われており、代々木地域には東京都立代々木公園や明治神宮がある。

[続きを読む]

「白鷺」の地名の由来

東京都中野区にある「白鷺」は中野区の北西部に位置し、町域内を妙正寺川みょうしょうじがわが横断している。住宅地がほとんどで、住民の多くが西武新宿線「鷺ノ宮駅」(所在地は中野区鷺宮)を利用している。

[続きを読む]

「高円寺」の地名の由来

東京都杉並区にある「高円寺」は杉並区の北東部にあり、駅周辺は商店街が多く、それ以外は閑静な住宅街である。学生向けのアパートやワンルームマンションが多く、古着屋や雑貨店、小さなライブハウスなどがあり、独り暮らしの若者に人気がある。また阿波踊りでも有名。

[続きを読む]

「目白」の地名の由来

東京都豊島区にある「目白」はJR山手線の駅を中心とした町で、娯楽施設は少なく、ほとんどが閑静な住宅地で、高級住宅街の一つでもある。皇室一族の多くが通う名門の学習院大学がある。

[続きを読む]

「赤羽」の地名の由来

東京都北区にある「赤羽」は北区の北端部に位置し、北の荒川を挟んた対岸は埼玉県川口市となる。赤羽地域にはJR赤羽駅・東京メトロ赤羽岩淵駅があり、交通の便もよく、北区の交通・商業の中心地であるとともに、埼玉県と隣接することから東京の北の玄関口でもある。

[続きを読む]

「尾久」の地名の由来

東京都荒川区にある「尾久」は「おぐ」と読み、荒川区の北西部に位置する。「尾久町」はかつて存在した町の名前で、現在「尾久」という町名は存在せず、「尾久西」と「尾久東」に分かれている。また尾久駅は「おく」と読む。

[続きを読む]

「成増」の地名の由来

東京都板橋区にある「成増」は板橋区の西端に位置し、西は埼玉県和光市と隣接し、埼玉からの玄関口になっている。駅の南側には成増飛行場跡の光が丘公園があり、北側には板橋区としては稀少な第一種低層住居専用地域(低層住宅の良好な環境を守るために厳しい規制がかけられている地域)の住宅地がある。

[続きを読む]

「光が丘」の地名の由来

東京都練馬区にある「光が丘」は練馬区の北部に位置する新興住宅地で、光が丘駅を中心に多くの団地が建ち並ぶ。駅周辺には大規模な複合型ショッピングセンター・光が丘IMAがあり、北側には都内でも有数の面積を誇る都立光が丘公園がある。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加