「乗り物・交通機関」記事一覧

山手線の駅の中に廃止になった駅がある

山手線の歴史上たった1つだけは廃止になった駅がある。

[続きを読む]

京都には年に1回しか走らない路線バスがある

京都を走る路線バスは毎日1,000本以上が運行され、ほぼ全ての神社仏閣を巡ることができる。そんな京都で年に1回しか走らない路線バスは幻の95系統で、大原から鞍馬を結ぶ路線。

[続きを読む]

バスの「プシュー」という音はエアブレーキの音

バスが停車している時に聞こえる「プシュー」という音は、ドアが開閉する時の音ではない。この音はブレーキから足を離した時に発生する。

[続きを読む]

巨大ロボットに変身できる車がある

見た目は普通の車だが、ボタン1つでロボットになる。これはトルコのLetvisionという会社が2016年(平成28年)2月に製造したもので、「Letrons」という名前である。

[続きを読む]

電車の運転免許は1度取得したら更新の必要はない

電車の運転免許は1度取得したら永久に更新しなくても良い。

[続きを読む]

歩行者信号に描かれた人はここ数年で少し太った

このような変化は気付きにくいが、比較してみると確かに少し太っている。

[続きを読む]

東海道新幹線で最も快適なのは4号10番A席

新幹線の中で快適に過ごすということは、周りの乗客が少ないということ。1人で乗る場合、理論上で最も静かで快適なのは4号10番A席である。

[続きを読む]

最新のトンネル掃除は人も機械も使わない

使うのは長さ60cmのヒモ。布で作られた何の変哲もないヒモが勝手に掃除をしてくれる。

[続きを読む]

山手線の外側に第二山手線をつくる計画があった

1925年(大正14年)に山手線の環状運転が開始され、東京を放射状に伸びる各路線を結んだ。これが便利だったため、山手線の外側にもう1つ環状路線をつくる計画があった。

[続きを読む]

ミャンマーの列車は朝ドラ「あまちゃん列車」

東南アジアのミャンマーで走っている列車は、2013年度(平成25年度)NHK朝の連続ドラマ『あまちゃん』に登場し脚光を浴びた三陸鉄道の列車である。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加