「乗り物・交通機関」記事一覧

最新のトンネル掃除は人も機械も使わない

使うのは長さ60cmのヒモ。布で作られた何の変哲もないヒモが勝手に掃除をしてくれる。

[続きを読む]

山手線の外側に第二山手線をつくる計画があった

1925年(大正14年)に山手線の環状運転が開始され、東京を放射状に伸びる各路線を結んだ。これが便利だったため、山手線の外側にもう1つ環状路線をつくる計画があった。

[続きを読む]

ミャンマーの列車は朝ドラ「あまちゃん列車」

東南アジアのミャンマーで走っている列車は、2013年度(平成25年度)NHK朝の連続ドラマ『あまちゃん』に登場し脚光を浴びた三陸鉄道の列車である。

[続きを読む]

広島の路面電車は1日の乗車数で日本一

広島の名物と言ってもよい路面電車。広島の路面電車は、日本の路面電車の中で一番乗客数が多い。

[続きを読む]

水中を走れるオープンカーがある

水中を走れるオープンカーは、スイスの自動車メーカーRinspeed社が開発した「sQuba」(スクーバ)というコンセプトカー。

[続きを読む]

バスタ新宿のコンビニの賃料は相場の10分の1の安さ

国内最大級のバスターミナルの「バスタ新宿」は2016年(平成28年)春に完成した。その後、11月18日にバスタ新宿内に初のコンビニとしてファミリーマートがオープンした。そのコンビニの賃料は都心の一等地であるにも関わらず相場の10分の1の安さである。

[続きを読む]

箱根登山電車のあじさいには土砂崩れ防止の役割がある

箱根登山電車は小田原駅~強羅駅までを結び、「あじさい電車」とも呼ばれ、あじさいの名所としても有名である。

[続きを読む]

大相撲の力士は違う飛行機に分かれて乗る

大相撲の力士は全員一緒の飛行機に乗っていはいけないという決まりがある。これは力士の体重が重いことや飛行機のバランスが悪くなることが理由ではない。

[続きを読む]

飛行機が着陸する時に強い衝撃がある理由

飛行機が着陸時にドスンと衝撃が激しいのは、パイロットの操縦が下手なわけではなく、安全のためにわざと行っている。

[続きを読む]

空港の滑走路は水はけをよくするため平らではない

空港にはみんなの安全を守るために細かい設計がされている。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加