葛根湯を飲んでも風邪が治るわけではない

風邪のひきはじめに「葛根湯」を飲むと良いと思っている人も多いと思われるが、葛根湯を飲んでも風邪が治るわけではない。

葛根湯

そもそも風邪のひきはじめに葛根湯を服用しても総合感冒薬(風邪薬)を服用しても効果は変わらない。京都大学の研究で、「風邪をひきはじめた」と自覚した18歳~65歳の340人を調査した結果がある。

340人を葛根湯を服用するグループ(168人)と総合感冒薬を服用するグループ(172人)に無作為に分け、それぞれ4日間服用して風邪の症状を観察したところ、風邪の症状が悪化した人は、葛根湯が38人(22.6%)、風邪薬が43人(25.0%)で大きな差は出なかった。葛根湯が風邪のひきはじめに特別優れているわけではないという結果だった。

さらにショッキングな事に風邪のひきはじめに飲む葛根湯や風邪薬は、症状を和らげるだけで、風邪のひきはじめに飲んでも風邪の治りを早くしたり、悪化を抑制するという効果はない。葛根湯や風邪薬はあくまでも辛い風邪の症状を和らげるためのものである。風邪のひきはじめに飲むと症状自体は和らいで楽になるが、風邪そのものを治療する効果はない。

しかし、中には風邪のひきはじめに葛根湯を飲んで風邪が治ったという人もいるが、風邪の経過には個人差があり、治ったと思ったのは薬とは無関係に自然治癒している可能性が高い。というのも、風邪については科学的に解明されていない事が多く、もし風邪を治す薬を開発できれば、それだけでノーベル賞ものだという。

葛根湯には症状を和らげる効果はあるが、風邪が治るわけではない。では風邪のひきはじめにはどう対処するれば良いのか。風邪は自分の免疫力で治すしかなく、昔から言われている事でもあるが、水分と栄養を摂って暖かくして安静にするのが一番だとされている。

2018/11/26

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生活・科学

関連記事