振袖火事の日(1月18日 記念日)

1657年(明暦3年)のこの日、「明暦の大火」と呼ばれる江戸時代最大の火事が発生した。死者は10万人を超え、江戸城天守閣が焼け落ち、また江戸中を焼き尽くすほどの大火事であった。

明暦の大火を描いた田代幸春画『江戸火事図巻』(文化11年/1814年)
田代幸春画『江戸火事図巻』

言い伝えによると事の起こりは3年前。商家の娘おきくが偶然見初めた若衆に恋いこがれるが、恋は叶わず明暦元年1月16日、16歳で亡くなった。彼女の紫ちりめんの振袖は質屋、古着屋を介して2人の娘に渡るが、いずれも1月16日に亡くなってしまう。

供養を頼まれた本妙寺ではわざわざ因縁の16日を外して18日に供養すべく振袖に火をつけたが、突然吹いた強風により空に舞い、本堂に飛び込み、火が広がってしまった。それが江戸中を焼き尽くす大火の原因となったという。

大火の火元については、上記のような「振袖火事」とも呼ばれる「本妙寺失火説」、江戸の都市改造を実行するため幕府が放火したとする「幕府放火説」など諸説ある。

リンク:Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「1月の記念日」「今日は何の日

関連記事