「語源・由来」記事一覧

「春秋に富む」の意味・由来

「春秋に富む」(しゅんじゅうにとむ)とは、「年齢が若くて、将来性がある」という意味の言葉である。

[続きを読む]

「火中の栗を拾う」の意味・由来

「火中の栗を拾う」(かちゅうのくりをひろう)という言葉は、「自分の利益にならないのに、他人のために危険を冒すことの例え」として使われる。

[続きを読む]

「サラダ油・サラダ味」の名前の由来

「サラダ油」とは、植物の種子や果肉に含まれる脂質を抽出・精製した植物油の一種。日本では家庭で最もよく使われる食用油である。

[続きを読む]

「見当外れ」の語源・由来

「見当外れ(けんとうはずれ)」は「見当違い(けんとうちがい)」ともいい、推測や判断を誤ること、方向を誤ることを意味する。

[続きを読む]

「食パン」の名前の由来

「食パン(しょくパン)」とは、生地を発酵させ、大きな長方形の箱型の型で焼いたパンのことである。食パンの「食」とは何を意味するのか。

[続きを読む]

「きんぴらごぼう」の名前の由来

「きんぴらごぼう」は、ゴボウをささがき、または千切りにして油で炒め、砂糖や醤油で味をつけ、唐辛子で辛味をきかせた料理である。

[続きを読む]

「ため口」の語源・由来

「ため口(ためぐち)」とは、相手を対等として扱った話し方、親しい人同士での話し方を意味する。「タメ口」とも表記される。

[続きを読む]

病気は「かかる」風邪は「ひく」理由

「病気にかかる」「インフルエンザにかかる」「花粉症にかかる」などと表現するが、何故か風邪の時は「風邪をひく」と表現する。

[続きを読む]

「うるう年」の語源・由来

「うるう年」は、太陽暦では2月を29日とし1年を1日多い366日とする年のことである。その追加された日は「うるう日」と呼ばれる。

[続きを読む]

「おでん」の名前の由来

「おでん」は漢字では「御田」と書く。日本料理のうち、煮物料理の一種であり、鍋料理にも分類される。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加