「歴史・文化」記事一覧

ウィーン・フィル伝統の音と日本の技術

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の伝統の音を守った日本の技術がある。それは14年にわたる研究者の執念が生み出したものである。

[続きを読む]

卒業式の「呼びかけ」が誕生した経緯

卒業式における「楽しかった修学旅行」「私たちは旅立ちます」などの「呼びかけ」は一人の教育者による学校改革がきっかけだった。

[続きを読む]

日本のサウナが乾燥している理由

「サウナ(sauna)」とは、フィンランド式の蒸し風呂で、サウナ風呂ともいう。日本のサウナには乾燥したものが多い。

[続きを読む]

能面が顔より小さい理由

「能面」は顔より少し小さく、演者のあごが能面から出ている。これは全ての能面に共通する特徴であり、わざと小さく作られている。

[続きを読む]

能舞台の下にある秘密の仕掛け

能楽の舞台の下には、現在でいうスピーカーの役割を果たすある仕掛けがされている。これによって能楽をより楽しむことができる。

[続きを読む]

エリザベス女王の誕生日が年2回ある理由

イギリスのエリザベス女王の誕生日は、4月21日と6月第2土曜日の年に2回ある。これにはイギリス王室の歴史と関係がある。

[続きを読む]

「ししおどし」は元々害獣除け

日本庭園などに設置されている「ししおどし」は、水の力を利用したその仕組みと風流な音が特徴である。

[続きを読む]

スーツの襟に穴がある理由

スーツの襟の部分には穴があいている。現在この穴はバッジをつけるために使用することもあるが、もともと別の理由で穴があいていた。

[続きを読む]

「能」と「狂言」の違いとは

「能(のう)」と「狂言(きょうげん)」は、共に「猿楽(さるがく)」から発展した日本の伝統芸能である。

[続きを読む]

名字に木(杉・柳・松)がつく理由

日本人には杉田さんや柳沢さん、松本さんのように、杉、柳、松、藤、栗、梅、桑、梶、桐、楠など、樹木がつく名字の人が多くいる。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加