「食べ物」記事一覧

ロングセラー商品の昔と今の違い

長い間人気のあるお菓子やアイスなどの商品には、企業の努力が詰まっており、私たちが気付かないうちに改良されている点もある。

[続きを読む]

辛い食べ物がやみつきになる理由

トウガラシが入った麻婆豆腐やラーメンのような辛い食べ物を一度食べると、人はやみつきになり、また食べたくなる。

[続きを読む]

「きのこの山」誕生の物語

「きのこの山」は、株式会社明治が1975年(昭和50年)から製造・販売しているチョコレートスナック菓子で、きのこの形が特徴である。

[続きを読む]

西日本は牛肉・東日本は豚肉の理由

好きな肉といえば、主に西日本では牛肉、東日本では豚肉という傾向がある。これは総務省による調査でも同じ結果である。

[続きを読む]

「ガリガリ君」誕生の物語

「ガリガリ君」は、埼玉県深谷市に本社を置く赤城乳業株式会社が製造・販売する氷菓で、年間4億本もの売上がある大ヒット商品である。

[続きを読む]

お弁当にタコのウインナーが入る理由

お弁当にはタコの形をしたウインナーを入れることが多いが、これは母親の子どもへの想いから生まれたものである。

[続きを読む]

かつお節の荒節と枯節の違い

かつお節は、カツオ(鰹)の身を節どりして煮て又は蒸して、火であぶり、干し固めたもの。薄く削って、だしをとるのに用いたり、料理にかけたりする。

[続きを読む]

ウナギやアナゴを生で食べない理由

一般的にウナギ(鰻)やアナゴ(穴子)は生の刺身では食べず、蒲焼きなど熱を加えた状態のものを食べる。

[続きを読む]

唐揚げにレモンをかける理由

鶏の唐揚げにはレモンが添えられている場合が多く、レモンをかけることで油で揚げた唐揚げをさっぱり美味しく食べることができる。

[続きを読む]

安心安全な国産レモンの歴史

海外からの輸入されるレモンとは違い、国産のレモンはすぐに出荷できるため防腐剤を使う必要がなく、安心して皮まで食べられる。

[続きを読む]

焼肉店での「カルビ」の定義

焼肉の定番でもある「カルビ」は「脂がのって美味しい肉」というイメージがある。しかし、焼肉店においてその定義は意外と曖昧(あいまい)である。

[続きを読む]

日本の養豚を発展させた出来事

日本の養豚が現在のように発展しているのは、1959年(昭和34年)に日本各地に甚大な被害をもたらした「伊勢湾台風」が大きく関係している。

[続きを読む]

透明な氷「天然氷」と「純氷」

「天然氷(てんねんごおり)」とは、湖や池などで採取または製造される氷で、空気などの不純物を含んでおらず、透明度が高いのが特徴である。

[続きを読む]

うどん・ひやむぎ・そうめんの違い

うどん・ひやむぎ・そうめんは、共通して小麦粉を原料としており、これに塩と水を混ぜてよく練って作られる。これらの違いは主に麺の太さである。

[続きを読む]

ティーカップに皿がつく理由

一般的に紅茶を飲むためのティーカップ(teacup)にはソーサー(saucer)と呼ばれる受け皿が付属している。

[続きを読む]

ラーメン丼にぐるぐる模様がある理由

ラーメンを食べる多く器には、縁(ふち)の部分にぐるぐる巻きの「雷紋(らいもん)」と呼ばれる模様が入っている。

[続きを読む]

コンニャクの黒いツブツブは何か

一般的な「コンニャク」は全体的に黒っぽい色をしていて、中に黒いツブツブが入ったものが多く見られる。このツブツブは「ヒジキなどの海藻」である。

[続きを読む]

「桔梗信玄餅」メーカー推奨の食べ方

「桔梗信玄餅(ききょうしんげんもち)」は、山梨県笛吹市の製菓メーカー・桔梗屋(ききょうや)が製造・販売する土産菓子である。

[続きを読む]

「唐揚げ専門店」が出店する場所の特徴

最近ではコロナ禍のテイクアウト需要もあり、全国的に「唐揚げ専門店」が大幅に増加した。その出店場所にはある特徴がある。

[続きを読む]

「お茶づけ海苔」のアラレは乾燥剤

永谷園の「お茶づけ海苔」は1952年(昭和27年)に発売が開始され、2021年(令和3年)時点で出荷累計250億食を超える大ヒット商品である。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加