ランダム記事一覧

コアラが木に抱きつく理由

コアラは木の上で生活していて、ユーカリの葉をむしゃむしゃ食べたり、木に抱きついてジッと動かずに寝ていることが多い。

[続きを読む]

木魚が魚の形をしている理由

お寺でお坊さんがお経を上げながらポクポクと叩く木魚は、名前の通り魚の形をしている。なぜ魚の形をしているのだろうか。

[続きを読む]

選挙カーにオープンカーは使えない

選挙カーといえば候補者の名前が入ったワンボックス車というイメージだが、オープンカーは認められていないという。

[続きを読む]

「新橋」の地名の由来

東京都港区にある「新橋」は日本の鉄道発祥の地で流通の拠点として発展し、現在ではJR山手線の駅があり、駅の西側(烏森口側)の駅前広場(通称:SL広場)には蒸気機関車が保存されている。オフィスビルが建ち並ぶビジネス街であり、「サラリーマンの街」として有名。

[続きを読む]

「大戸屋ごはん処」は2階や地下なのにお客が入りやすい理由

ビルにあるお店は1階の方がお客が入るため、テナント料も1階が破格的に高い。しかし、和定食を中心とした定食屋「大戸屋ごはん処」は2階や地下にあるのにお客が入りやすいという。

[続きを読む]

店名に「寿司」「鮨」「鮓」「すし」がある理由

全国に存在する寿司屋の店名には、「寿司」「鮨」「鮓」の3つの漢字が使われている。これらの漢字は使われている地域に特徴がある。

[続きを読む]

明治時代に犬は「カメ」と呼ばれていた

このことは辞書にも載っていて、「カメ」の項に「洋犬のこと」と記載されている。

[続きを読む]

ロシア軍が本気で造ったダミー戦闘機

以下の写真はパッと見た感じでは4機の戦闘機が並んでいるように見えるが、実はこれらは風船で造られた戦闘機である。

[続きを読む]

大事な書類で「シャチハタ不可」の理由

大事な書類の場合、届け印に「シャチハタ不可」となっていることがあるが、その理由は「どれも形が同じだから」ではない。

[続きを読む]

パンダが白黒模様である理由

パンダの特徴といえば顔や体の白黒模様だが、目の周りや耳が黒いのには機能的な意味があるという。

[続きを読む]

抜けなくなった指輪は消防署で外してくれる

昔、とある人が指輪が外れなくなって、どうしようもなくなって、たまたま消防署に駆け込んだところ指輪を外してくれたという。

[続きを読む]

魚のえら呼吸の特徴とは

魚など水中で生活する動物は「えら(鰓)呼吸」のため水中でも生きられる。えら呼吸は人間など陸上で生活する動物の「肺呼吸」と基本的に同じ仕組みである。

[続きを読む]

「早宮」の地名の由来

東京都練馬区にある「早宮はやみや」は練馬区の東北部に位置し、町域の北部に平和台駅、東部には氷川台駅(所在地は練馬区氷川台)がある。南部には石神井川が流れ、今上きんじょう天皇の誕生を祝って植樹された桜の並木が続く。

[続きを読む]

「鮴」「眼張」(めばる)の名前の由来

メバルは、カサゴ目フサカサゴ科メバル属に分類される魚。日本の北海道から九州にかけての沿岸の岩礁域に多く生息する。「春告魚(はるつげうお)」との雅称(がしょう)でも呼ばれる。

[続きを読む]

ピザがきっかけでパックマンが誕生した

ピザが超有名なゲームの誕生のきっかけになっていた。

[続きを読む]

落書きをすると記憶力が上がる?

授業中のノートへの落書きは、真面目に授業を聞かず、やる気がない証拠と思われがちである。しかし、落書きをすると記憶力が上がるという研究結果もある。

[続きを読む]

海苔に着色料を使うことはできない

海苔は黒褐色をしている。カラフルな海苔があれば需要もありそうだが、海苔への着色料の使用は法律で禁止されている。

[続きを読む]

「有楽町」「数寄屋橋」の地名の由来

東京都千代田区にある「有楽町ゆうらくちょう」は皇居の南東側に位置し、東側は「銀座」である。大手町・丸の内と合わせて「大丸有だいまるゆうエリア」とも呼ばれる。「東京国際フォーラム」や、複合商業施設「有楽町センタービル」(通称:有楽町マリオン)、「有楽町イトシア」などがある。

[続きを読む]

大丸の呼び名 東京店と京都店の違い

大丸は東京てんと京都みせで「店」の読み方が違う。

[続きを読む]

幕の内弁当と助六寿司は歌舞伎から生まれた弁当

「幕の内弁当」と「助六寿司」の名前は歌舞伎に由来している。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加