ランダム記事一覧

日本のフルーツが美味しい理由:葉果比と摘果

日本の梨(ナシ)の旬は品種によっても異なるが、8月から9月頃とされる。旬を迎える日本の梨は、甘くみずみずしいと世界から注目されている。

[続きを読む]

広島には牡蠣の栄養価が2倍になる養殖法がある

牡蠣は美容効果を多く期待でき、女性にも人気がある。低カロリーで栄養価が高く、肌荒れ改善が期待できるビタミンB群が豊富。そうした美容効果も相まって都内には牡蠣専門店が急増している。

[続きを読む]

「舎人」の地名の由来

東京都足立区にある「舎人」は「とねり」と読み、足立区の最北端に位置し、かつ東京23区の最北端でもある。

[続きを読む]

華厳の滝は水量を人工的に調整している

栃木県日光市にある華厳の滝は、落差97mを水が一気に流れ落ちる。その姿は壮観で、日本三名瀑の一つとされている。

[続きを読む]

「刺身」の語源・由来

「刺身(さしみ)」とは、魚介類などの素材を生のまま薄く切り、醤油やワサビなどの調味料を付けて食べる日本料理である。「造り」や「お造り」などとも言う。

[続きを読む]

中東で石油が多く採掘される理由

中東(Middle East)とは、西アジアとアフリカ北東部の総称。石油が多く採掘されるサウジアラビアやイラン、イラク、アラブ首長国連邦、クウェートなどの国が含まれる。

[続きを読む]

ヒラメとカレイは生まれた時は左右に目が付いている

ヒラメは、カレイ目ヒラメ科の魚で、体の左側に目が2つあり、右側(裏側)は真っ白で目が付いていない。カレイは、カレイ目カレイ科の魚で、ヒラメとは反対で体の右側に目が2つある。

[続きを読む]

明治天皇が西郷隆盛を激ヤセさせた

西郷隆盛は脂っこい物も甘い物も大好きだった。鹿児島は養豚の盛んな地であり、西郷は脂身のついた豚肉が大好物だった。また、甘い物はスイカが好物であった。

[続きを読む]

ガムを噛むだけでダイエット効果がアップする

運動中にガムを食べるとダイエット効果がアップする。ガムを噛むと体には意外な変化が起きる。

[続きを読む]

兵庫県竹田城の石垣は上の石が外側に出た工夫された石垣

「日本のマチュピチュ」や「天空の城」と言われている兵庫県にある竹田城。現在では石垣しか残っていない城跡だが、この石垣はとても工夫された造りをしている。

[続きを読む]

世界の危険生物ランキングTOP23

凶暴な生物と言えばサメが挙げられる。時には人を食い殺す危険生物だが、近年発表された世界の危険生物ランキングでは意外と下位の第23位である。

[続きを読む]

「クイズ」の語源・由来

クイズ(quiz)の英語の意味は、「(何か)質問すること」「知識をテストすること」と、これらの名詞としての意味であり、日本語では後者の「知識を問う問題」の意味で使われている。

[続きを読む]

天気予報でアイスの売上が上がる

進化を続ける天気予報によって、より正確な天気が分かるようになってきた。そんな天気予報を利用して売り上げを伸ばす企業も増加している。

[続きを読む]

低脂肪ダイエットは金儲けのために広まった

かつて主流だったダイエットが「低脂肪ダイエット」である。今は間食にナッツを食べて良質な脂質を摂ることも健康に効果的だと言われている。

[続きを読む]

黒豆の「縁起のいわれ」は今と昔では違う

和食の盛り付けには縁起を担いだ食材を盛り込むというもてなしがある。例えば、鯛は「めでたい」、昆布は「よろこぶ」などである。

[続きを読む]

ハチ公の銅像の除幕式にハチ自身も参加した

渋谷駅のハチ公といえば、待ち合わせなどにも使われる駅のシンボルともいえる銅像である。

[続きを読む]

明石焼きは捨てられる黄身から作られた

兵庫県の「明石焼き」は主に卵に黄身で作り、出汁で食べられる。「阿倍野明石焼き たこつぼ」がミシュランガイドに掲載されるなど、名店も誕生した。

[続きを読む]

柿の渋(タンニン)を抜く方法と役割

渋柿をナイロン袋に入れ、ウイスキーなどアルコール度数が35度以上のアルコールと一緒に入れ、二晩ほど密閉しておけば渋は抜ける。

[続きを読む]

数式「11:3=B」が表現しているもの

数式「11:3=B」は計算をするというのではなく、何かに見えるというものである。

[続きを読む]

唐揚げをカラッとおいしく揚げる方法

唐揚げ専門店は全国に約800店以上。家では衣がすぐにベチャッとなる唐揚げを専門店のようにカラッと揚げるにはどうしたらよいのだろうか。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加