ランダム記事一覧

「ボーナス」の意味・由来

「ボーナス(bonus)」とは、労働者に対して定期的に支払われる給与とは別に支払われる、特別な給与のことである。「賞与(しょうよ)」とも呼ぶ。

[続きを読む]

カルボナーラの黒コショウの意味とは

イタリア料理の定番「カルボナーラ」には黒コショウがかかっている。実は黒コショウがかかっていないとカルボナーラとは言えない。

[続きを読む]

学校の美術室だけ窓の配置のルールが違う

学校の教室には様々な工夫があり、子どもの頃は知らなかった工夫も多い。例えば理科室では普通の教室の机とは違い、机の色は黒色をしている。これは薬品をこぼした時、見えやすくするため。

[続きを読む]

西部劇で転がる植物「タンブルウィード」

タンブルウィード(tumbleweed)は、アメリカの乾燥地帯の荒野などで広く見られる植物で、西部劇映画などで転がる様子が画面に登場する。

[続きを読む]

ロボット掃除機「ルンバ」の歴史

現在、家庭用のロボット掃除機として有名な「ルンバ(Roomba)」を開発・販売しているのはアメリカのアイロボット社(iRobot)である。

[続きを読む]

家の玄関やトイレのドアの内開きと外開きの理由

海外の家と日本の家では玄関のドアに大きな違いがあり、海外の玄関ドアは外から押して開ける“内開き”なのに対し、日本の玄関ドアは外から引いて開ける“外開き”である。

[続きを読む]

カニ缶を高級品にした一枚の紙

日本には様々な種類の缶詰があるが、缶詰の中でも特に値段が高いのは「カニ缶」であり、ほぐし身の缶詰でも1缶500円以上する。

[続きを読む]

日本発祥の料理(エビフライ、ドリア、ナポリタンなど)

海外の料理っぽいのに日本発祥の料理というのは意外と多い。そんな料理に「エビフライ」「ドリア」「ナポリタン」「エビチリ」が挙げられる。

[続きを読む]

インタビューで「放送席」と2回繰り返す理由

プロ野球のヒーローインタビューの際、アナウンサーは最初に「放送席、放送席」と2回繰り返すのが一般的である。これには意味があり、あることを解決していた。

[続きを読む]

人気お菓子の昔と今の違い

長い間人気のあるお菓子やアイスなどの商品には、企業の努力が詰まっており、私たちが気付かないうちに改良されている点もある。

[続きを読む]

「クエン酸」の名前の由来

「クエン酸(citric acid)」とは、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類、梅干しに含まれる有機化合物で、爽やかな酸味を持つのが特徴である。

[続きを読む]

「めど」の語源・由来

「めど」は漢字では「目処」または「目途」と書き、「目指すところ」や「目当て」「目標」などの意味がある。

[続きを読む]

バスの時刻表は守れない様に作ってある

日本の利用者は1年間のべ44億人もいるバスだが、バス停で待っていてもバスがなかなか来ないことがある。時刻表より何分も遅れて来たという経験は誰にでもあるだろう。

[続きを読む]

「小岩」の地名の由来

東京都江戸川区にある「小岩」は地域名で、かつて東京府南葛飾郡に「小岩町」という町名が存在した。現在、「小岩」という町名はなく、「北小岩」、「西小岩」、「東小岩」、「南小岩」の4つに分かれている。

[続きを読む]

「おろそか」の意味・由来

「おろそか」は漢字では「疎か」と書き、「いいかげんに扱うさま、思いやりが薄いさま、なおざり、粗末なさま」などの意味がある。

[続きを読む]

列車「8時ちょうどのあずさ2号」

楽曲「あずさ2号」は、1977年(昭和52年)3月に発売され、大ヒットした兄弟デュオ・狩人のデビュー曲である。

[続きを読む]

寿司ネタに関する名字の人

日本には多くの名字があり、その中には変わった名字の人もいる。今回は寿司ネタと同じ名字の人である。

[続きを読む]

納豆を使えば世界の砂漠化を防げる

日本の伝統食である「納豆」が食材としてではなく、砂漠化を防ぐ材料として世界中から注目されている。納豆の力で砂漠でも植物が育つ。

[続きを読む]

京都の町家の格子を見ればかつての職業がわかる

江戸時代以降に京都には多くの商店が誕生し、その木造の建物は現在でも京町家として親しまれ、観光客も数多く訪れる。

[続きを読む]

「半畳を入れる」の意味・由来

「半畳を入れる(はんじょうをいれる)」とは、他人の言動を非難したり、野次ったり、茶化したりすることを意味する。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加