ランダム記事一覧

東京・日枝神社には火事にならないすごい技術が施されている

東京都千代田区永田町にある日枝神社は500年以上の歴史を持ち、江戸三大祭りの一つ、山王祭が行われる。

[続きを読む]

減塩の塩に含まれている成分

減塩商品は生活習慣病などの意識の高まりから拡がっている。醤油や味噌、味のり、ちくわなど数多くの減塩商品がある。

[続きを読む]

右脳や左脳 脳のシワ 勘違いしている事実

右利きだと左脳を使い、左利きだと右脳を使う。「左利きは右脳型でひらめきの天才肌」という話を聞いたことがある人もいるはず。

[続きを読む]

黒い餌を食べたニワトリの卵は黄身も黒い

ニワトリに黒い餌を食べさせて実験した結果がある。黒い餌には黒色色素(スダンブラック:Sudan Black B)を使用し、この色素を添加した餌をニワトリに毎日食べさせる。

[続きを読む]

選挙ポスターは四角でなくても良い

選挙が近付くと街には立候補者の選挙ポスターが選挙掲示板に貼られる。その選挙ポスターの形は、実は四角でなくても良い。

[続きを読む]

江戸時代の怪談話の幽霊は庶民が作ったヒーロー

江戸時代、怪談話に出てくる幽霊は庶民のヒーローで、怪談は悪行への対抗手段だった。

[続きを読む]

絶滅危惧種に指定されるとさらに絶滅危機になる

マレーバクやラッコなど世界では約2万5千種類の生物が絶滅危惧種に指定されている。しかし、絶滅危惧種種に指定されるとかえって絶滅のスピードが加速するという事実がある。

[続きを読む]

インターネットが原因でバニラが高騰している

バニラの輸入価格は5年前に比べて約10倍にもなり、1kg約7万円で今では銀よりも高価な食材になっている。

[続きを読む]

大根おろしに熱した鉄の棒を入れるととても辛くなる

大根は先端の白い方がより辛い。普通にすりおろした大根おろしに熱した鉄の棒を入れるとさらにとても辛くなる。

[続きを読む]

サーファーには納豆アレルギーが多い

意外に思われるかもしれないが、サーファーには納豆アレルギーの人が多いという調査結果がある。

[続きを読む]

長嶋茂雄も愛用する16ヵ月待ちの万年筆がある

作っているのは鳥取県にある工房「万年筆博士」で、値段は1本50,000円(税別)のものから320,000円(税別)のものまである。

[続きを読む]

「ワッフル」の名前の由来

ワッフルとは、パンケーキの一種で、小麦粉、卵、牛乳、砂糖、バター、イーストなどを混ぜ、醗酵させて作った生地を、格子模様の凹凸のついた焼き型に挟んで焼き上げた菓子。

[続きを読む]

「馬喰町」の地名の由来

東京都中央区にある「馬喰町」は「ばくろちょう」と読み、正式には「日本橋馬喰町」。日本橋地域の最北端に位置し、現在では「日本橋横山町」と共に問屋街として有名。

[続きを読む]

国家主席のポスターで立ち退き回避

2016年に中国の上海市で実際にあった出来事で、習近平国家主席のポスターを護符のように建物に貼って立ち退きに抵抗する事件が起きた。

[続きを読む]

「大手町」の地名の由来

東京都千代田区にある「大手町おおてまち」は中央区(八重洲・日本橋本石町)との区境にあたる。日本経済の中心地として、南に隣接する「丸の内」とともに日本屈指のオフィス街を形成している。

[続きを読む]

江戸スキャンダル:悪賢い手口で大金を奪う愛人集団

現在、出会い系サイトや結婚詐欺など人の心に入り込み、お金をだまし取る手口があとを絶たないが、江戸時代にもさまざまな手段を使ってお金を騙し取っていた怖い女がいた。

[続きを読む]

マスクメロンの「マスク」とは、ムスクのような香りのこと

全体に網目があるのが特徴で、高級なフルーツの代表格であるマスクメロン。「マスク」は網目がマスク(mask=仮面)をかぶっているように見えるから付けられたわけではない。

[続きを読む]

「鮸」(にべ)の名前の由来

ニベは、スズキ目ニベ科に属する魚。「ホンニベ」とも呼ばれる。「シログチ」とともに関東では「イシモチ」、関西では「グチ」と呼ばれることがあるが厳密には両者は異なる。

[続きを読む]

日本橋三越本店は傘のひと工夫で江戸の話題を集めていた

三越の前身である呉服店「越後屋」だった江戸時代に始まったもの。

[続きを読む]

世界初「一卵性双生児」の犬は2016年に偶然発見された

人間以外の動物では一卵性双生児はほとんどないと言われていた。しかし、2016年(平成28年)に世界で初めて一卵性双生児の犬が遺伝子検査によって確認された。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加