ランダム記事一覧

「ほうれん草」の名前の由来

「ほうれん草(ホウレンソウ)」は、ヒユ科アカザ亜科ホウレンソウ属の野菜。ビタミンAや葉酸が豊富で、栄養価の高い冬野菜として知られる。

[続きを読む]

ミモレットチーズを日本に広めた出来事

近年、スーパーなどでも見かけるようになった「ミモレットチーズ」は、フランスまたはオランダが原産とされるハードタイプのチーズである。

[続きを読む]

北斎の「赤富士」は他人が勝手に塗り替えた

江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎(1760~1849年)によって描かれた『富嶽三十六景』には様々な富士山があるが、その中でも有名なのが「赤富士(あかふじ)」である。

[続きを読む]

「鯯」「拶双魚」(さっぱ)の名前の由来

サッパは、スズキ目ニシン科に属する魚。汽水域に生息し、ママカリ(飯借)という別名でも知られる。ママカリ料理は岡山県の郷土料理として有名である。

[続きを読む]

七味唐辛子の中身には決まりがない

七味唐辛子は、唐辛子を主とした薬味や香辛料を調合した日本の調味料である。その名の通り、七種類が調合されているという意味だが、中身に明確な決まりはない。

[続きを読む]

ごはんを1日3食食べる理由

現在、朝食・昼食・夕食と1日3食食べるのが一般的だが、多くの人々が1日3食になったのは江戸時代のことである。

[続きを読む]

「初台」の地名の由来

東京都渋谷区にある「初台(はつだい)」は、同区の北部に位置し、地名や町名の他、駅名にもなっている。

[続きを読む]

「田園調布」の地名の由来

東京都大田区にある「田園調布(でんえんちょうふ)」は大田区の最西端に位置し、都内有数の高級住宅街として有名で、多くの著名人が暮らしている。

[続きを読む]

LINEの既読機能を無くさない理由

LINEでのやりとりでトラブルの種にもなりがちな既読機能は、「既読スルー」などという言葉も生まれ社会問題にもなっている。しかし、既読機能を無くさないのにはとても重要な役割があるからである。

[続きを読む]

「宇喜田町」の地名の由来

東京都江戸川区にある「宇喜田町うきたちょう」は江戸川区の南西部、葛西地域の北端部に位置し、町域の北端に新川が流れている。大型の団地はないが、一戸建ての住宅が密集している。

[続きを読む]

数学を学ぶ理由

数学で勉強する一次方程式や二次方程式、因数分解、三角関数、微分・積分などは日常生活において使う機会がほとんどない。

[続きを読む]

「月島」の地名の由来

東京都中央区にある「月島」は明治期から現在までの町名で、もんじゃで有名。1892年(明治25年)、東京湾澪浚みおさらい計画に基づき、東京湾の浚渫しゅんせつ工事で出た大量の土砂を利用して埋め立てられた人口の島。

[続きを読む]

「鱒」(ます)の名前の由来

マスは、サケ目サケ科に属し、日本語名に「マス」がつく魚のこと。魚の俗称であって標準名ではない。サクラマスやカラフトマスを一般にマスということが多い。川で生まれて海に下り、再び川をさかのぼる習性がある。

[続きを読む]

色白の人の方がシワが出来やすい

シワが出来る主な原因は紫外線。この紫外線から肌を守るのがメラニン。

[続きを読む]

金属「ヒューマニウム」で出来た腕時計

オシャレにかかせない腕時計だが、スウェーデンのブランド「TRIWA」(トリワ)から2019年1月に発売された腕時計が世界的に注目を集めている。

[続きを読む]

オバマ大統領が天皇陛下に深々と頭を下げた理由

2009年(平成21年)11月17日にオバマ前大統領が初来日した際、天皇皇后両陛下にお会いした時に頭を深々と下げて挨拶をし、アメリカでは炎上騒ぎにまでなった。

[続きを読む]

京都の町家の格子を見ればかつての職業がわかる

江戸時代以降に京都には多くの商店が誕生し、その木造の建物は現在でも京町家として親しまれ、観光客も数多く訪れる。

[続きを読む]

日本一名前の長い植物・短い植物

日本一名前の長い植物は、海草の「リュウグウノオトヒメノモトユイノキリハズシ」という名前で、その文字数は21文字である。

[続きを読む]

「目白」の地名の由来

東京都豊島区にある「目白」はJR山手線の駅を中心とした町で、娯楽施設は少なく、ほとんどが閑静な住宅地で、高級住宅街の一つでもある。皇室一族の多くが通う名門の学習院大学がある。

[続きを読む]

小太りは日本人で最も長生きをする

肥満の程度を表す数値としては、体重と身長で算出されるBMI(Body Mass Index:ボディマス指数)がある。BMIが25.0以上だと「肥満」だと言われているが、「小太り」は日本人で最も長生きをする。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加