「地理・地名」記事一覧

沖縄のバラス島が地図に載らない理由

ここ日本で未だ地図に載っていない島が存在する。それは沖縄県の西表島と鳩間島の間に浮かぶ「バラス島」である。

[続きを読む]

火山が近くにない有馬温泉でお湯が湧く理由

日本三大名湯にも数えられる兵庫県の「有馬温泉」。日本で最も古い温泉の一つでもあり、遠い昔からお湯が湧き出している。

[続きを読む]

緑の少ない「グリーンランド」の名前の由来

デンマーク領の「グリーンランド」(Greenland)はその名前の通り「緑の島」という意味である。しかし、島のほとんどは氷で覆われ、緑の少ない島である。

[続きを読む]

香川県は2回消えて2回復活した

都道府県の県名は1回消えて復活した県はたくさんある。例えば、奈良県や富山県である。そんな中、香川県は日本で唯一県名が2回消えて2回復活している。

[続きを読む]

両国国技館の住所は「横網」(よこあみ)

相撲に関して多くの人が勘違いをしている事実がある。相撲の聖地といえば東京・両国にある両国国技館だが、その住所は東京都墨田区横網一丁目である。

[続きを読む]

高知県の地名「半家」は「平家」に由来する

高知県四万十市には半家(はげ)という地名と駅がある。半家駅は、四国旅客鉄道(JR四国)予土線の駅で、難読駅名の一つとして知られる。

[続きを読む]

北海道の「増毛町」を見渡せる峠は「毛無峠」

北海道には「増毛」と書いて「ましけ」と読む「増毛町(ましけちょう)」がある。その増毛町を見渡せる峠は「毛無峠(けなしとうげ)」という。

[続きを読む]

東京に「○○銀座」が多い理由

全国各地のいろいろな場所で銀座と名の付く商店街を見かける。北は北海道北見市の北見銀座、南は鹿児島県奄美大島の銀座通商店街まで、その数は日本全国に300ヵ所以上も存在する。

[続きを読む]

「湘南」の地名の由来

「湘南」(しょうなん)とは、神奈川県の相模湾沿岸地方を指す名称で、湘南海岸の海水浴場が有名である。

[続きを読む]

京都には道路しかない町がある

京都には日本で唯一「道路しかない町」が存在する。その地名は雷を避ける呪文が関係している。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加