「地理・地名」記事一覧

「草津温泉」の名前の由来

「草津(くさつ)」の地名には、「草津温泉」のある群馬県吾妻郡草津町の「草津」や、滋賀県南西部に位置する草津市の「草津」などがある。

[続きを読む]

「熱海」の地名の由来

「熱海(あたみ)」は静岡県の最東部に位置し、年間700万人もの人々が訪れる人気の温泉地である。熱海温泉は日本の三大温泉の一つとも言われる。

[続きを読む]

中東で石油が多く採掘される理由

中東(Middle East)とは、西アジアとアフリカ北東部の総称。石油が多く採掘されるサウジアラビアやイラン、イラク、アラブ首長国連邦、クウェートなどの国が含まれる。

[続きを読む]

北極と南極の氷と気温の違い

北極と南極は氷の世界だが、その氷の厚さは北極と南極で大きく異なる。氷の最大の厚さは北極が約30m、南極が約4800mである。

[続きを読む]

「道頓堀」の地名の由来

「道頓堀(どうとんぼり)」は、大阪府大阪市中央区の繁華街および町名。また、同所の北を流れる道頓堀川の略称でもある。

[続きを読む]

鍾乳洞は石灰岩が侵食された洞窟

「鍾乳洞(しょうにゅうどう)」は「石灰洞(せっかいどう)」とも呼ばれ、日本の各地に存在する「石灰岩の洞窟」である。

[続きを読む]

「日本百名山」は個人の主観で選定

登山愛好家のバイブルとも言われる「日本百名山」は、1人の随筆家および登山家が主観で選んだものである。

[続きを読む]

「中国地方」の名前の由来

日本には「中国地方」と呼ばれる地域があり、鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県の5県により構成される。

[続きを読む]

富士山の頂上は何県なのか

標高3776mの日本で最も高い「富士山」は、山の北側が山梨県、南側が静岡県であるが、その頂上は何県になるのか。

[続きを読む]

「近畿」と「関西」の違いとは

「近畿」と「関西」は同じような意味合いを持つ言葉だが、その違いを説明するのは意外と難しい。その言葉の成り立ちから確認してみる。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加