「地理・地名」記事一覧

「道頓堀」の地名の由来

「道頓堀(どうとんぼり)」は、大阪府大阪市中央区の繁華街および町名。また、同所の北を流れる道頓堀川の略称でもある。

[続きを読む]

鍾乳洞は石灰岩が侵食された洞窟

「鍾乳洞(しょうにゅうどう)」は「石灰洞(せっかいどう)」とも呼ばれ、日本の各地に存在する「石灰岩の洞窟」である。

[続きを読む]

「日本百名山」は個人の主観で選定

登山愛好家のバイブルとも言われる「日本百名山」は、1人の随筆家および登山家が主観で選んだものである。

[続きを読む]

「中国地方」の名前の由来

日本には「中国地方」と呼ばれる地域があり、鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県の5県により構成される。

[続きを読む]

富士山の頂上は何県なのか

標高3776mの日本で最も高い「富士山」は、山の北側が山梨県、南側が静岡県であるが、その頂上は何県になるのか。

[続きを読む]

「近畿」と「関西」の違いとは

「近畿」と「関西」は同じような意味合いを持つ言葉だが、その違いを説明するのは意外と難しい。その言葉の成り立ちから確認してみる。

[続きを読む]

東京には名前のある坂が多い理由

東京都心には神楽坂や道玄坂、紀伊国坂、芋洗坂、九段坂、乃木坂、一口坂、富士見坂、魚籃坂、於多福坂、幽霊坂など数多くの名前の付いた坂がある。

[続きを読む]

日本一短い川・日本一落差のある滝

日本で一番短い川は、世界文化遺産の熊野古道を有する和歌山県の那智勝浦町にある。その川の名前は「ぶつぶつ川」で、全長13.5mである。

[続きを読む]

地図は北が上になった理由

日常生活で私たちが目にする地図はどれも北が上になっている。これには大航海時代の歴史と夜空に輝く星が関係している。

[続きを読む]

日本で2番目に大きい都道府県

日本で最も大きい都道府県は北海道(面積:8万3424km2)であり、これは有名である。しかし、2番目は意外と知られていない。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加