「地理・地名」記事一覧

両国国技館の住所は「横網」(よこあみ)

相撲に関して多くの人が勘違いをしている事実がある。相撲の聖地といえば東京・両国にある両国国技館だが、その住所は東京都墨田区横網一丁目である。

[続きを読む]

高知県の地名「半家」は「平家」に由来する

高知県四万十市には半家(はげ)という地名と駅がある。半家駅は、四国旅客鉄道(JR四国)予土線の駅で、難読駅名の一つとして知られる。

[続きを読む]

北海道の「増毛町」を見渡せる峠は「毛無峠」

北海道には「増毛」と書いて「ましけ」と読む「増毛町(ましけちょう)」がある。その増毛町を見渡せる峠は「毛無峠(けなしとうげ)」という。

[続きを読む]

東京に「○○銀座」が多い理由

全国各地のいろいろな場所で銀座と名の付く商店街を見かける。北は北海道北見市の北見銀座、南は鹿児島県奄美大島の銀座通商店街まで、その数は日本全国に300ヵ所以上も存在する。

[続きを読む]

「湘南」の地名の由来

「湘南」(しょうなん)とは、神奈川県の相模湾沿岸地方を指す名称で、湘南海岸の海水浴場が有名である。

[続きを読む]

京都には道路しかない町がある

京都には日本で唯一「道路しかない町」が存在する。その地名は雷を避ける呪文が関係している。

[続きを読む]

明治時代の教科書の「日本列島の覚え方」

上野動物園が開園するなど庶民たちに動物が身近になった明治時代の地理の教科書についてのお話である。

[続きを読む]

オーストラリアの地図には犬と猫が隠れている

オーストラリア大陸を地図でよく見るとその中に犬と猫の顔が隠れている。

[続きを読む]

新潟県の燕三条駅は300年の因縁で命名された

新潟県の燕三条は高度な鍛冶技術を持った職人の街。金型製作や包丁などが有名で、他にもiPhoneケースにも採用された金属を鏡のように磨く技術もこの地で生まれた。

[続きを読む]

「鯖街道」の名前の由来

鯖街道とは、福井県小浜市から京都市上京区までの約72kmの道のこと。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加