「乗り物」記事一覧

東京駅周辺の地下街が広がった理由

東京駅周辺には八重洲地下街などの地下街が広がっており、昭和から平成にかけて大きく成長した。これには地上の街並みが関係している。

[続きを読む]

新幹線「のぞみ」の名付け親は阿川佐和子

新幹線「のぞみ」が運行を開始したのは1992年(平成4年)3月14日のことである。その「のぞみ」の名前を付けたのは、エッセイスト・阿川佐和子さんだという。

[続きを読む]

空港の滑走路の草が短い理由

空港の滑走路の周りには芝生のような短い草が生えていることが多いが、草を短くしているのは安全を守るためである。

[続きを読む]

巨大飛行機「ドリームリフター」が運ぶ物

愛知県の中部国際空港「セントレア」には全国でもここでしか見ることのできない飛行機がある。それが「ドリームリフター」(Dream Lifter)である。

[続きを読む]

飛行機内でCAが頼んでほしくない飲み物

飛行機内でのドリンクサービスには、コーヒーやオレンジジュース、コーラ、炭酸水、緑茶、紅茶、スープ、ビールなど様々な飲み物が用意されている。

[続きを読む]

レインボーブリッジのバランスが悪い理由

「レインボーブリッジ」の名前は「虹の橋」という意味で、一般公募により決められた愛称であり、正式名称は「東京港連絡橋」である。

[続きを読む]

自転車のタイヤのキャップの役割

自転車のタイヤの空気を入れるところにキャップがあるが、これは「タイヤの空気を漏れないようにするためのもの」とは少し違う役割がある。

[続きを読む]

お米の量が50粒違うと味が台無しになる駅弁

鉄道旅の楽しみの一つである駅弁。日本全国に2,000種類以上の駅弁があると言われている。そんな駅弁の中にたったお米50粒で味が台無しになる駅弁がある。

[続きを読む]

西から東京に来た飛行機が千葉に向かう理由

西日本から東京に向かう時、飛行機はとても不思議なルートを通って飛んでいる。それは最短距離ではなく、わざわざ遠回りをしている。

[続きを読む]

東京駅から350kmの地点に見える建物

東京から新大阪に新幹線で向かう途中、ちょうど350kmの地点に建物がある。それはキリンビール名古屋工場である。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加