記事一覧

銭湯の絵で描けない3つのタブー

銭湯の壁面に描かれるペンキ絵には主に「富士山」が見られるが、描いてはいけない「3つのタブー」が存在する。

[続きを読む]

「ミョウガ」の名前の由来

「ミョウガ」は、ショウガ科ショウガ属の多年草であり、麺類や冷奴の薬味、天ぷら、酢の物、味噌汁の具など食用として利用される。

[続きを読む]

日本初「レトルトカレー」の歴史

1968年(昭和43年)2月、大阪の食品メーカー・大塚食品が世界で初めての市販レトルト食品「ボンカレー」を発売した。

[続きを読む]

色「赤・黒・白・青」の語源

色は日本産業規格(JIS)において慣用色名として269色が規定されているが、古代の日本では4色しか認識されていなかった。

[続きを読む]

「トレーナー」の名前の由来

「トレーナー(trainer)」は、スポーツをする人などが体を冷やさないために着る練習用の上着のことを意味し、日本で生まれた和製英語である。

[続きを読む]

和菓子の「あんこ」が甘い理由

饅頭(まんじゅう)や最中(もなか)、どら焼きなど和菓子には「あんこ」が使われるが、その「あんこ」は甘いものが一般的である。

[続きを読む]

「柿」の名前の由来

「柿(かき)」とは、カキノキ科カキノキ属の一種の落葉樹であるカキノキ(柿の木)のことであり、その果実も意味する。

[続きを読む]

カニ缶を高級品にした一枚の紙

日本には様々な種類の缶詰があるが、缶詰の中でも特に値段が高いのは「カニ缶」であり、ほぐし身の缶詰でも1缶500円以上する。

[続きを読む]

「ABCの歌」を伝えたジョン万次郎

江戸時代末期の1841年(天保12年)6月27日(旧暦5月9日)、足摺岬沖で航行不能となり遭難していた土佐藩の漁師たちをアメリカの捕鯨船が救助した。

[続きを読む]

国によるサツマイモの品種改良

秋の味覚として知られる「サツマイモ」の日本における品種の数は90以上にもなり、そのほとんどを国が開発している。

[続きを読む]

「五里霧中」の意味・由来

「五里霧中(ごりむちゅう)」とは、五里にもわたる深い霧(きり)の中で方角が分からない状態になることを意味する。

[続きを読む]

日本で誕生した「みかんの缶詰」

誰もが見たことがある「みかんの缶詰」は日本で生まれたものであり、それには日本の缶詰の歴史も詰まっている。

[続きを読む]

消火器を家庭に普及させた商品

病院や学校などでは消防法で消火器の設置が義務付けられているが、一般家庭の場合は任意による設置となっている。

[続きを読む]

「バラの花」の本数の意味

赤色のバラには花言葉として「あなたを愛しています」や「愛情」などの意味があるとされる。また、バラの花を贈る時、本数によって異なる意味がある。

[続きを読む]

「クエン酸」の名前の由来

「クエン酸(citric acid)」とは、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類、梅干しに含まれる有機化合物で、爽やかな酸味を持つのが特徴である。

[続きを読む]

「にらめっこ」とはもともと何か

「にらめっこ」とは、子どもの遊びの一つで、向き合った二人が相手を笑わせようと様々な顔つきをする遊びである。

[続きを読む]

「虹」の漢字に「虫」がつく理由

「虹(にじ)」は、雨上がりの空に見えるきれいな大気光学現象である。日本では赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の七色に見えると言われる。

[続きを読む]

在来線で最も速い「スカイライナー」

2021年(令和3年)10月時点で日本で最も速い電車は「新幹線」であり、在来線最速の電車は京成電鉄の「スカイライナー」である。

[続きを読む]

上野動物園の双子パンダの名前

2021年(令和3年)6月23日に上野動物園でジャイアントパンダの子ども2頭が生まれた。オスとメスの双子だった。

[続きを読む]

「鮋・笠子」(かさご)の名前の由来

「カサゴ」は、カサゴ目フサカサゴ科あるいはメバル科に属する海水魚の総称であり、またそのうちの1種を指す。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加