国際南南協力デー(12月19日 記念日)

2004年(平成16年)の国連総会で制定。国際デーの一つ。英語表記は「United Nations Day for South-South Cooperation」。

1978年(昭和53年)のこの日、国連総会で「ブエノスアイレス行動計画」が承認された。「南南協力」とは「途上国相互の協力」のことで、開発途上国同士が、政治・経済・社会・環境・技術などの分野において、相互に協力するための枠組みである。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「12月の記念日」「今日は何の日

関連記事