タロとジロの日(愛と希望と勇気の日)(1月14日 記念日) | 今日は何の日 | 雑学ネタ帳

タロとジロの日(愛と希望と勇気の日)(1月14日 記念日)

タロとジロの生存が確認された日。

1959年(昭和34年)のこの日、南極観測船「宗谷」から飛び立ったヘリコプターが南極の昭和基地に着いたとき、南極観測隊に同行し、前年に置き去りにされた15頭のカラフト犬のうちタロとジロの2頭が生きているのが発見された。この出来事は映画「南極物語」にもなり、後世に残そうと記念日が制定された。「愛と希望と勇気の日」ともいう。

ジロは1960年7月9日、昭和基地にて5歳で病死。ジロの剥製は東京・上野の国立科学博物館に置かれていた。タロは1961年5月4日に4年半振りに日本に帰国。その後、札幌市の北海道大学植物園で飼育され、1970年(昭和45年)8月11日に老衰のため14歳7か月で没。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「1月の記念日」「今日は何の日

関連記事