ブルームズ・デー(6月16日 記念日) | 今日は何の日 | 雑学ネタ帳

ブルームズ・デー(6月16日 記念日)

アイルランドの作家ジェームズ・ジョイス(James Joyce)(1882~1941)の名作『ユリシーズ(Ulysses)』では、1904年6月16日の朝8時から翌日午前2時過ぎまでの約18時間に18の挿話が展開することから、世界中のファンから記念日の扱いをされ、主人公の名前レオポルド・ブルームから「ブルームズ・デー(Bloomsday)」と呼ばれる。

ジェームズ・ジョイスは20世紀の最も重要な作家の1人と評価される小説家、詩人。画期的な小説『ユリシーズ』(1992年)のタイトルは古典ギリシア語でギリシア神話の英雄である「オデュッセウス」のラテン語形の一つ「ウリュッセウス」を英語化したもの。20世紀前半のモダニズム文学における最も重要な作品の一つであり、プルーストの『失われた時を求めて』とともに20世紀を代表する小説とみなされている。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「6月の記念日」「今日は何の日

関連記事