五月雨忌(6月24日 記念日)

昭和・平成時代のシンガーソングライター・村下孝蔵(むらした こうぞう)の1999年(平成11年)の忌日。

ヒット曲『初恋』の歌詞と、梅雨(五月雨)の時期であることから「五月雨忌」と呼ばれる。

村下孝蔵

村下孝蔵について

1953年(昭和28年)2月28日、熊本県水俣市浜町で生まれる。生家は映画館を経営。鎮西高等学校を卒業。

少年時代から映画の影響でギターに憧れる。特に加山雄三は生涯のヒーローである。高校卒業後、ピアノ調律師として広島のヤマハに勤務する傍らシンガーソングライターとしての活動を開始し、レコードを自主制作。

1980年(昭和55年)、27歳の時、シングル『月あかり』でメジャーデビュー。プロとなった後も、テレビ出演はせず、広島を拠点に地道にライブ活動を続ける。1983年(昭和58年)、5枚目のシングル『初恋』がオリコンチャートで3位にランクイン。

さらに『踊り子』(1983年)、『少女』『夢のつづき』(1984年)、『かざぐるま』『ねがい』(1986年)と立て続けにヒット曲を飛ばし、叙情的で哀愁を帯びたメロディーと、素朴な歌声、英語を極力使わない丁寧な日本語の歌詞で根強い支持を集める。

1987年(昭和62年)シングル『陽だまり』が高橋留美子原作のアニメ『めぞん一刻』の主題歌に起用される。高田みづえ、裕木奈江、柳葉敏郎、中原理恵らに曲を提供。コンサートのリハーサル中に体調不良を訴え、高血圧性脳内出血のため46歳で急逝。墓所は茨城県つくば市の筑波茎崎霊園にある。

リンクWikipediaコトバンク村下孝蔵ホームページ

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「6月の記念日」「今日は何の日

関連記事